Loading...

株式会社静科

Product Summary製品概要

一人静タイプD(クリックで拡大)
表面~端面補強枠付き(クリックで拡大)
背面~端面補強枠付き(クリックで拡大)
背面(クリックで拡大)

熱伝導性の高い素材を吸音材に採用し、放熱機能で熱対策に最適

一人静 タイプD

一人静 タイプA」と同様の性能(吸音・遮音)をもち、熱伝導性の良い素材を内部に使用しているため、放熱性があります。熱の問題で対策が取りにくかった機械類にも、音と熱の両方の対策ができます。機械室や機械内部への導入により、製品の静音化が可能です。

不燃認定番号:国住指第190号 NM-3166

Applications & Futures用途・特徴

大型機械
大型機械
コンプレッサー
コンプレッサー
工事現場
工事現場
輸送機分野
輸送機分野
  • 吸音・遮音
  • 調湿性
  • 屋外使用可
  • 耐腐食・錆
  • 不燃
  • 耐水
  • 放熱

今までなかった放熱防音パネル

内部の素材により、熱伝導性を高めており、電動のこぎりで手軽に加工ができる製品です。また、不燃性、耐水性がありますので、屋内・屋外での使用が可能です。
※本製品は特許取得済みです。

規格・材質詳細

規格(幅×高さ×厚み 重量)1,000×1,000×33(mm) 8kg/枚
1,000×2,000×33(mm) 16kg/枚

コノ字ワク付き
1,005×1,005×37(mm) 9kg/枚
1,005×2,005×37(mm) 18kg/枚
材質吸音面アルミ繊維
吸音層発泡樹脂
芯材アルミハニカム
遮音面塗装アルミ板

製品の価格について

当製品はオープン価格となっております。製品の金額・値段については、お電話・メールフォームにてお問い合わせください。弊社側での加工・施工が必要な場合も合わせてお見積りいたします。

お問い合わせ・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00(月~金)
休業日:土・日・祝日

Example施工事例

端面補強枠の付け方例(クリックで拡大)
端面補強枠を斜めにカットできない場合(クリックで拡大)
見た目にも配慮した加工方法(クリックで拡大)

端面補強枠の付け方

吸遮音パネルに端面補強枠を取り付ける理由や様々な状況に応じた端面補強枠の取り付け方をご紹介しています。

Construction Results施工実績(最新)

Optionオプション

追加オプションで防音室やパーテーションを作製可能

追加オプションのワクを活用することで、吸音層への浸水や紫外線による劣化の防止、防音室やパーテーションの作製が可能になります。

コノ字ワク(アルミ製 最大4m)
コノ字ワク(クリックで拡大)

コノ字ワク(アルミ製 最大4m)

パネルの端面を保護し、吸音層への浸水や紫外線による劣化を防ぎます。

H型ワク(アルミ製 最大4m)
H型ワク(クリックで拡大)

H型ワク(アルミ製 最大4m)

パネル同士を横につなげられます。防音壁やパーテーション時に使用できます。H型ワクはパネルにコノ字ワクを取り付けることでぴったりおさまります。

角つなぎ材(アルミ製 最大4m)
角つなぎ材(クリックで拡大)

角つなぎ材(アルミ製 最大4m)

パネル同士を直角に組み立てられます。簡易的な防音室を制作する際に使用します。 角つなぎ材はパネルにコノ字ワクを取り付けることでぴったりおさまります。