Loading...

株式会社静科

Our Story私達の想い

静科は変わり続けます
代表取締役 代表取締役

騒音ゼロの世の中をつくる

株式会社静科が製造する薄型軽量防音パネル「一人静」の誕生秘話などが紹介された映像です。

「一人静」誕生秘話

弊社は初めから防音・吸音材のメーカーではありませんでした。『一人静シリーズ』開発前は、新幹線やヘリコプターの部材を製作していました。そのままでも事業は成り立っていましたが、ふと当時の開発者は考えました。

「何か人のためにできないか」と。

様々悩んだ末、工場の周りでは飛行機の離着陸音に悩んでいる人が多いと気づき、従来製品ではなかなかその問題を解決できていないことも知りました。

「厚くて重く、なかなか工場や機械に使えない、自宅で気軽に使えない」

そんな問題に挑み、今まで学んだ技術を活かしつつ、多くの時間と人々の協力を得て、全く新しい防音・吸音材、『一人静シリーズ』の開発に成功し、その後、防音・吸音材の製造・販売・施工に一本化し現在に至ります。

Corporate philosophy企業理念

Our Mission私たちの使命

人を守るために~静かさを科学する力で”世の為人の為”に尽くす

企業人である前に、良き社会人として”世の為人の為”に尽くすという信念の元、騒音に悩む方々の解決策に挑み、今まで培ってきた部材制作の技術を活かしつつ、多くの時間と人々のご協力を得て、全く新しい高機能防音・吸音材の開発に成功し現在に至ります。

騒音環境・被害に悩む多くの方々に、より快適な環境で過ごしていただくために、弊社製品の拡販に努めると共に、様々な環境に適応する製品開発に日々邁進して参ります。

行動指針・企業戦略

  • お客様第一

    お客様第一

  • 品質の高度化

    品質の高度化

  • 対応のスピード優先

    対応のスピード優先

  • 企画・創造力で前進

    企画・創造力で前進

法人・個人問わず、お客様への騒音対策を通して、快適な環境づくりのお手伝いをいたします。また、弊社の薄型軽量の製品機能を生かして、企業様の製品の静音化を進める事で、付加価値・競争力のある製品作りをサポートいたします。

また、弊社の騒音対策・製品作りのサポートは、国内向けのサービスにとどまらず、中国、韓国、アメリカ、EU諸国(アメリカ・中国・韓国にて特許取得済み)など、少数精鋭ながら諸外国にも展開しております。今後も防音・音響対策の中心的存在となるグローバルカンパニーを目指し、幅広く事業を展開していく所存です。

Our Vision私たちが目指すもの

人のために~緑豊かな環境や音環境への想い

地球環境と密な関係を持ちつつ、人の暮らしを良くしたい。一企業としての夢でもあります。社名「静科」に込めた意味、企業カラーの緑、そして商品名である『一人静』は高山植物の名前でもあり、自然への尊敬と感謝を忘れずに邁進したいと考えております。

今後は、植林活動などを通して人々の生活の身近な場所に緑豊かな環境を作っていきたいと考えております。

豊かな音環境への想い

葉の擦れる音、流れる水の音、鳥のさえずり。自然のなかで音が身体に滲み入るような音…。そんな音環境づくりができないものかと考え、当社の製品は音響空間へと活動の幅を拡げました。「本当の音を聴くために」というスローガンを抱え、アーティストやサウンドクリエイターとともに、奏でる音が身体に染み入るような音環境づくりを行って参ります。

音害の研究~Under 80db

静科では、騒音による健康被害を『音害』という言葉で定義しています。身の周りにあるたくさんの音が身体に大きな影響を与えていることはあまり知られていません。特に低周波騒音(100Hz以下の騒音) は身近にある機器から発生する場合もあり、ヒトに対してめまい・不眠・頭痛などを誘発する可能性も報告されています。

当社では名古屋大学と産学共同研究を進め、当社防音パネルが低周波騒音の低減に効果があることを確認いたしました。周辺環境の音害に困っている世界中の方々を救うべく、今後も研究を行って参ります。

薄さへの挑戦~500mm→35mm

工場である特定の場所で働く方は難聴になりやすく、厚生労働省の公表では3年間事務所で働く人に比べ、約50%の確率で難聴傾向にあるといわれています。

従業員の方々の日常生活に大きな影響を及ぼしているにも関わらず、多くの工場ではこれらの対策が行われていません。また、私たちの生活環境においても、生活音に関するトラブルも増えています。このような問題をを解決したい場合でも「費用が高いのでは?」「工事が必要では?」といった心配から、防音・騒音対策に踏み切れない場合もあるかもしれません。

一般的な防音工事では、コンクリートとグラスウールが使用される一方で、当社は、一般的な工事で行う500㎜厚の壁と同等の効果を得ることができる、『薄くて軽い』防音パネルの開発し、防音工事・施工のコストダウンの実現だけでなく、環境負荷の低い製品の生産に成功してきました。今後も皆さまの住環境や労働環境の改善に貢献できる製品づくりを目指して参ります。

Environmental Protection環境保全

  • 騒音低減
    騒音低減

    航空機・鉄道・工場機器・風力発電・ヒートポンプなどの、機器設備等から出る低周波音を含む騒音や、一般道路の交通騒音・ 高速道路の突発音など、弊社製品「一人静」 による防音対策によって、騒音被害改善に貢献しています。

  • CO2低減
    CO2低減

    弊社製品「一人静」 の優れた断熱機能は、CO2削減材としても有効であり、その省エネ効果は、国交省第998号告示値以上の効果があります。また、石油製品の使用比率については、市販の断熱パネル材が30%以上に対し、弊社製品は10%以下と、資源削減にも寄与します。

  • ホルムアルデヒドガス無害化

    弊社製品のフェノールフォーム構造体(特開2009-19487)の技術は、空気中に充満するガスを吸収無害化する分解機能を持ち、居住空間をクリーンに保ちます。

  • 調湿機能
    調湿機能

    「一人静」は調湿(呼吸作用) 機能があり、材料の長期安定性作用や、カビ・結露防止、漏電・腐食防止などの、居住性向上作用があり、 安心・安全にも結びつきます。

  • 不燃・ガス有害性対策
    不燃・ガス有害性対策

    「一人静」シリーズ(タイプA・D・L・Z)材は建築基準法第2条九号の不燃材に合格した安心・安全材であり、本パネルの発生ガス濃度は市販合板の1/10(CO2=1.37%、CO=0.04%)、O2濃度は18.9%と、人間が生存出来る安全範囲値を得ています。

  • 省エネ・地域影響対策

    弊社製品は、常温下(20±5℃)で生産でき、パネル生産装置は、電動プレス、切断機のみで、装置の作動時間が短く、自動化を必要としない高能率生産を実現した、省エネ生産技術を確立しています。さらには、騒音・臭気・埃で地域影響の問題のない生産技術となっています。

  • リサイクル対策

    「一人静シリーズ(タイプA・D・L・Z)」 は、アルミ材がパネル全重量の90%以上の構成であり、パネル廃棄時の資源回収率の高い製品です。ハニカム構造内にフォーム材を内蔵させる技術により、低密度のフォーム材の使用を可能とし、フォーム(石油製品)の使用を従来の30%以下に削減し、表面材に接着する接着剤(石油製品)使用量の少ない省資源生産技術(当社特許)を開発しました。

Company Profile会社概要・沿革・資格

会社概要・アクセス

社名株式会社静科(SHIZUKA INC.)
代表者高橋 俊二
所在地

神奈川県厚木市金田492-1

最寄駅 小田急線海老名駅 小田急駅西口より、神奈川中央交通バス愛川行(海01)乗車、「水道路(すいどうみち)」バス停下車後徒歩3分
創立2005年1月23日
資本金1430万円
従業員数10名
事業概要
  • 吸遮音材製造販売
  • パネル材、キット化材製造販売
  • 簡易無響試験室製造販売
  • 道路ジョイント騒音対策材製造販売
  • 低周波音対策材製造販売
  • 調湿系断熱吸遮音パネル材製造販売
  • 防音工事、鉄骨を用いた防音架台の製作
  • 音響測定
連絡先TEL:046-224-7200
FAX:046-224-7210

沿革

2006年1月資本金1000万円で設立
11月(財)発明振興協会から発明研究奨励金交付:対象特許3806744号
12月 SBIR(中小企業技術革新制度)採択 交付機関:(独)中小企業基盤整備機構(経済産業省)
2007年2月

(独)中小企業基盤整備機構から事業化支援補助金の交付

課題:「新素材を用いた除振防音室の事業化(キット製品開発)」

かながわスタンダード認定「新素材吸音パネル」

3月 東日本高速道路(株)「Tiネットワーク」制度に応募、「一人静」吸遮音材をプレゼンし採択。共同研究の開始。
4月資本金1430万円に増資
2009年10月

「21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」交付

課題:「無機材とポリマー材の複合化による低周波騒音対策製品開発」

開発製品:60Hz以上にタイプA・D(低周波音・不燃機能アップ) 80Hz以下にタイプL(新製品:特許出願)

2010年3月建築基準法第2条第九号に係る不燃材基準に合格 製品タイプA・D・L
2011年5月東日本高速道路(株)との共同開発製品「突発音吸収装置」にて平成22年度土木学会「環境省」受賞
6月 機械学会関東支部神奈川ブロックにて「技術賞」受賞
2012年3月TBS系列「夢の扉+」に薄型軽量吸音パネルとして取り上げられる
6月 測定事業開始(残響時間測定、遮音測定、低周波音測定、床衝撃音測定)
2013年10月アメリカ・ニューヨークにて開催の「AES」展に出展
2014年6月本社工場及び事務所を大和市から厚木市に移転
8月かながわ産業NAVI大賞 環境部門 優勝賞 受賞
2015年3月(公)日本発明振興協会、日刊工業新聞社主義「発明大賞」本賞受賞
2016年1月神奈川県から「神奈川県優良小規模企業者」表彰
2017年4月平成29年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰で科学技術省(技術部門)受賞
5月「日本産業衛生学会」で名古屋大学医学部より”「低周波」基礎研究から予防法開発”発表
6月ISO 9001:2015の認証登録
2018年2月第7回ものづくり日本大賞「経済産業省関連」で優秀賞の受賞
10月神奈川がんばる企業2017 エース受賞
2019年1月NHKワールド「Science View」にて国政放送
9月神奈川がんばる企業2018 エース受賞

許認可/資格

ISO 9001:2015  認証登録番号11921 建設業許認可

一般建設業又は 特定建設業の別許可を受けた建設業許可番号許可年月日
一般 建築、大工、左官、とび・土工、屋根、石、鉄筋、ガラス、タイル・れんが・ブロック、鋼構造物、内装仕上、板金、塗装、防水、熱絶縁、建具工事業神奈川県知事許可 (般-30) 第85321号平成30年7月11日
この店舗で営業している建設業 建築、大工、左官、とび・土工、屋根、石、鉄筋、ガラス、タイル・れんが・ブロック、鋼構造物、内装仕上、板金、塗装、防水、熱絶縁、建具工事業

Awords & Client受賞歴・販売実績

受賞歴

納入・販売実績

自動車関連

トヨタ(工場)

トヨタ(研究所)

トヨタ(九州)

日産(九州)

日産(追浜)

日産(横浜)

日野(研究所)

日野(日野)

ホンダ(研究所)

スズキ(横浜)

スズキ(浜松)

スズキ(インド)

富士重工業(三鷹)

トヨタ紡織(刈谷、猿投)

三菱

デンソー(安城)

ダイハツ工業(大分)

アイシン九州

マブチモーター

ヤマハ発動機

BOSH

日本ピストンリング

製造業

キャノン

キャノンプレシジョン

パナソニック

パナソニック・エコテクノロジー

シャープ

ソニービデオ&サウンド

ソニー(海老名)

住友ゴムリコー(厚木)

IHI(瑞穂)

IHI(相馬)

川崎重工

JR東日本

ヤマハ

ローランド・ディ-・ジー

リクシル

YKK AP

神戸製鋼所

3M(相模原)

積水化学(九州)

積水ハウス

山崎製パン(十和田)

敷島製パン

不二家(平塚)

日清エンジニアリング

日東工器

オカモト(茨城)

三菱マテリアルテクノ(茨城)

三菱マテリアル(直島)

三和シャッター

東京応化工業(海老名)

日東電工

信越エンジニアリング

JFEスチール

JFEエンジニアリング

コベルコ建機

アマダエンジニアリング

村田製作所(長野)

ブラザー工業

大同特殊鋼

東洋インキ

ダイヘン

オムロンオートモーティブ

トピー工業(平塚)

堀場製作所

中央化学工業(山梨)

日本電計

日本電産

オリエンタルモーター

カプコン

その他

東日本高速道路

関電工

大阪ガス

西部ガス

Media CoverageTV放映・メディア掲載

TV放映

[TV]2012年 BSジャパン アジアの風~前編・アジアの風~後編
[TV]2012年 BSフジ アトリエde加山
[TV]2013年 TBS系列 がっちりマンデー
[TV]2014年 NHK-Eテレ Good Job!会社の星
[TV]2015年 TBS系列 Nスタ
[TV]2016年 フジテレビ系列 ユアタイム~あなたの時間~(取材協力)
[TV]2016年 テレビ朝日系列 ワイド!スクランブル(取材協力)
[TV]2019年 NHKワールド Science View
[TV]2020年 テレビ朝日系列 タモリ倶楽部
[その他]※海外メディア番組 2社

メディア掲載

[新聞]2012年、2014年、2015年 日刊工業新聞
[新聞]2012年~2015年 相模経済新聞
[新聞]2015年 化学工業日報
[新聞]2015年 日経新聞
[新聞]2015年 神奈川新聞
[新聞]2019年 循環経済新聞
[新聞]2020年 神奈川新聞
[新聞]2020年 読売新聞
[雑誌]2012年 Sound & Recording 11月号
[雑誌]2012年 メカトロニクス12月号
[雑誌]2019年 月刊廃棄物711号
[雑誌]2019年 建設工法NETIS
[雑誌]2019年 メカトロニクス4月号
[雑誌]2020年 メカトロニクス4月号
[雑誌]2020年 メカトロニクス7月号
[雑誌]2020年 発明と生活 9・10月号
[講演会]2015年、2016年、2017年 厚木市役所主催にて講演
[講演会]2016年 公益財団法人東京都中小企業振興公社主催にて講演
[講演会]2017年 1月 伊勢崎商工会にて講演
[講演会] 2017年、2018年、2019年 独立行政法人中小企業基盤整備機構中小企業大学校にて講演
[講演会]2019年 公益財団法人鳥取県産業産業振興機構主催にて講演
[ラジオ]2020年 FMヨコハマ「KANAGAWA MUffin」出演