更新情報

New & Blog

弊社吸音パネルは加工が容易~ご自身で加工することで加工コスト削減できます

2018-09-29 ブログ

こんにちは。製造部④号です。台風の影響もあって、雨が降ったり気温が上がったりで体調管理が難しいですよね。この時期ならではの「秋バテ」もあるみたいです。夏バテとは違い、頭痛や立ちくらみなどの症状が出るみたいです。気になる方がおりましたら「秋バテ 原因」とお調べ下さい。

吸音パネルのみ購入しご自身で加工されるお客様が増えてきました

唐突ではございますが本日の本題に入ります。ここ最近、弊社の吸音パネル(一人静)のご購入ただくお客様の購入スタイルが段々と変わってきた印象です。具体的ににどの様に変わったのかと言いますと、以前までは弊社で吸音パネルを製作して、パネルをBOX型にしたり、あるいはパーテーションにしたりというスタイルが大半でしたが、最近は、パネルだけを購入し自身で加工されるお客様が増えてきました。

弊社製品は丸ノコや電動ノコで簡単に加工しやすいのが特徴

弊社の吸音パネルは他社とは違いアルミ製品です。他社ですと、鉄などを使い重量を増して防音対策を行っていますが弊社のパネルならアルミ製品で出来ているため軽く、加工する際も丸ノコや電動ノコギリがあれば簡単にカットして加工することが可能です。ご自身で加工されることによって、加工費の削減にもなりますし、あるいは現場で加工しながら設置する事も可能ですので、配線などが多いい複雑な現場でも、加工しながら設置することもできます。

吸音パネルのみのご購入で加工コストを削減できます

また、加工をお客様ご自身でご対応いただく事によって、弊社で加工する時間がかからなくなる為、納品もすぐに行えます。すぐに商品が欲しい場合や、少しでもコスト削減したいお客様にはとてもオススメですね。 加工の仕方などは、以前に私製造④号のブログでご紹介しておりますので、興味のある方がおりましたら是非ともご覧ください。

何かがご不明な点やお気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

過去の加工例記事のご紹介

弊社吸遮音パネル製品に使用している『取っ手』の種類~埋め込み式や180°回転式など

【よくあるご質問】弊社の吸遮音パネルの高さについて~連結用枠材を使用して連結

簡単に組み立て&取り外しができる蝶番について~お客様側の作業負担を減らします

弊社吸音パネルの『端面補強枠』の取付け方~簡単な加工方法で見た目にも配慮

弊社吸音パネルの『端面補強枠』の取付け方~端面補強枠を斜めにカットできない場合

弊社吸音パネルの『端面補強枠』の取付け方~加工費の削減や納期短縮が可能です

 

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す