更新情報

New & Blog

工場内集塵機にサイレンサーを施工@栃木県

 こんにちは、ソリューション事業部です。今回は工場機械に取り付けるサイレンサーのご紹介を致します。

 写真は集塵機になりますが、排気音が響いてしまい労働環境の安全ガイドラインである85dbをオーバーしておりました。一般的な排気音、エアー音やコンプレッサーの排出音に対しては、メーカー純正のサイレンサーが販売されておりますが、半オーダーメイドの機械や大型の機械に関してはサイレンサーや防音対策が施されていないケースが多いです。そのため、機械ごとに調査を行い、それに合わせた形状・仕様で納品・施工させていただく方法を提案させていただいております。サイレンサーとは内部構造に吸音材を施して、通過する騒音を吸音して排出音を低減させる方法や、一部の周波数騒音のみを低減させる仕様があります。前者は幅広い周波数を平均的に低減させ、後者は騒音調査ができていれば一部の騒音源を劇的に低減させることができます。今回騒音測定をした結果、全周波数帯で騒音源が動いていたので、吸音材を用いたサイレンサーの設置を検討しました。

 また写真ではわかりにくいですが、機械の端と既設煙突の幅が短いので、切り欠きを設けながら設置できる仕様に致しました。煙突内のメンテナンスを行うために、サイレンサーの一部がビスで外しやすいようにしております。使用パネルは一人静タイプAになります。タイプAはハニカム構造になっているので、風加重に効果を発揮します。一般的なサイレンサーはグラスウールやロックウールを用いますが、通過する風の影響で吸音材が縮みこむことがあります。タイプAはハニカムの強度により風加重に対応でき、長期間吸音効果を維持することができます。外観上でも焼き付け塗装をした白のアルミ板を施しておりますので、汚れに強く長期間見た目を維持できます。

 工場内の騒音対策は一部の騒音源に対策を行う事でも対策を行うことができます。皆様の環境改善のお手伝いをさせていただきますので、ご相談がございましたらお問い合わせよりお願い致します。

設置前の集塵機