更新情報

New & Blog

音の周波数の違いによってご提案する製品が変わります

2016-05-19 ブログ

製造部です。

お客様からのお問い合わせで、「何db(デシベル)出ているが、静科を使ったらどの位下がるの?」とざっくりとしたご質問をされる事がよくあります。しかしdbだけでは判りません。

騒音の周波数に合わせて適切な吸音パネルを選定

音には周波数というものがあります。単位はhz(ヘルツ)です。簡単に言ってしまえば低い音か高い音か判断する数値です。これにより弊社でご提案する製品が変わります。

低周波とは100hz以下の低い音、エコキュート室外機やボイラーなど。弊社の対応製品は『一人静タイプL』です。

高周波とは1khz以上の高い音、目覚まし時計や楽器音、ガラスのひっかき音など。対応製品は『一人静タイプA』『一人静EspritLife』等です。※中音域から高音域まで対応しています。

音響測定を行い適切な騒音対策を

2khzを超えると不快に思う人が増えるそうです。因みに子供の声は2khzを超えるそうです。保育園建設問題等はこう言った周波数が関係しています。しっかりと暗騒音等を測定した上で適切な対策案が急がれます。

関連記事:防音・騒音対策にまつわる用語集①(暗騒音について解説)

弊社では音響測定も行っております。防音対策前に是非ご利用ください。

因みに高周波音発信装置、所謂モスキート音というものは17khz出ているそうです。10khz以上の音は高齢になると聞こえなくなってしまうそうです。

...勿論私には聞こえません。