Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    サーバーの騒音対策用防音カバーを製作~放熱性の高い吸音パネルを採用し排気ファンを設置

    皆さんこんにちは。製造部のHです。最近猛暑が続きますね。熱中症にならないよう、小まめに水分や塩分の補給を行ってください。

    サーバーの騒音原因について

    今回は、サーバーの騒音対策用の防音カバーをご紹介したいと思います。先日、某IT会社様から「サーバールームでの作業の時の音がうるさいので、防音対策をしてほしい。」 のご相談がございました。

    サーバーが騒音源となる原因として、ファンの作動音やHDDの作動音が挙げられます。こういった音とサーバーは切り離せないものであり、近年ではサーバーの騒音対策が注目されています。

    サーバー用防音カバーの仕様

    最上部にある写真(及び最下部写真①)が、今回製作した防音カバーとなっております。今回は、サーバーを全体的に覆う形となっております。このように全体的にサーバーを覆った際に気になるのが排熱です。

    排熱ができないと、サーバーの動きが悪くなってしまいます。その対策として、今回は排熱用のファンを取り付けました(最下部の写真②)。こちらの写真は、前面を開いた状態を撮ったものです。排気ファンがついているのが見えるかと思います。また、メンテナンスの際にもカバーを取り外すことなく対応できます。

    また、防音カバーの前面に出っ張り(写真①)がありますが、こちらはファンカバーです。ファンの隙間から音が漏れないように取り付けています。少し場所を取ってしまいますが、排気話ファンを取り付けた際には、必ず必要なものです。また、写真①をよく見ると前面に小さい穴がありますが、こちらはサーバのコードを通すための穴になります。

    弊社の製品は、騒音対策を行う機器の仕様やお客様のご要望に合わせて、オーダーメイドで作成しております。

    放熱性の高い吸音パネル「一人静タイプD」を選定

    今回は、排熱がより必要なため、放熱性の高い吸音パネル「一人静タイプD」を使用致しました。弊社の製品は中にハニカム材が入っているのですが、「一人静タイプD」 はそのハニカム材がアルミ製となっており、外側に熱を伝達しやすい仕様となっております。

    弊社の製品は、今回のような排熱が必要な機械・機器の騒音対策が可能ですし、他にも様々な状況に対応できますので、騒音でお困りの際は、ぜひ一度ご相談くださいませ。

    写真①: サーバーを全体的に覆う形
    写真②: 前面を開いた状態