更新情報

New & Blog

騒音の足し算~室外機2台の騒音を例に計算

2019-02-19 ブログ

製造部②です。

本日の記事では、「音(dB)の足し算」について書いてみたいと思います。

音の大きさを表す単位「dB(デシベル)」

音の大きさはdB(デシベル)という単位で表します。
何デシベルがどのくらいの音を出すかの目安は、過去記事「生活音の目安をまとめ~音の大きさ・体感・騒音の具体例など」にて確認できます。詳しくはリンク先に掲載していますが、静かな図書館が約40dB、救急車のサイレンが約80dBくらいのイメージです。

デシベルは単純な足し算ができない

先日、お客様よりこういう質問がありました。
「既存の室外機の横に新たに2台目の室外機を設置したいのですが、音はどれくらい大きくなりますか?」

デシベルは単純には足し算ができません。40dBと80dBの音があったとして、これを足し算するのに40dB+80db=120dBとはならないのです。

詳しくは数学のお話になってくるので省きますが、デシベルは対数(log)であるため、そのままでは足し算ができません。通常は対数の計算が必要になってきます。

しかし、高校の数学のことなど忘れてしまった方も多いと思いますし、なにより対数の計算は面倒くさいですよね。そういった時でも、簡易的な方法でデシベルの足し算を行う方法があります。

補正値を使って簡易的な計算が可能

対数の計算を行わなくても簡単な法則を使うだけでデシベルの足し算ができます。
以下の3つの手順で計算ができます。

①足したい2つ音の間の差(レベル差)を計算する
②下記のデシベル和の補正値表を使い、レベル差から補正値がいくらになるか確認する
③足したい2つの音のうち、大きい方のdB数と補正値を足し算する

※補正値表

これだけではイメージができないと思うので、具体的な例をもとに計算してみましょう。

例. それぞれ60dB , 63dBの音が出る室外機が2つある。これらのデシベル和を計算する。
①2つの音の間の差(レベル差)は63dB-60dB=3dBである
②補正値表を参照すると、レベル差3dBのときは補正値2dBということがわかる
③2つの音のうち、大きいのは63dBである。これに補正値を足す。63dB+2dB=65dB
よって、60dBと63dBのデシベル和は65dBになることがわかる。

これが例えば50dBと70dBの2つの和となると、差が10以上になるので補正値は0となり、単純に大きい方のデシベル、70dBがデシベル和になります。

室外機の音について質問をして頂いたお客様にも、この方法を使って、予測される数値をお答えすることができました。

このように簡単な方法でデシベルの足し算を計算することができます。
興味のある方は是非試してみてください。

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す