更新情報

New & Blog

人の耳には聞こえない『低周波音』が身体に与える影響について

2017-12-16 ブログ

こんにちは。製造部④号です。 気温が二桁を切ってしまい朝布団から出るのがとても辛いです。この時期の朝は自分との死闘です。本日は低周波によって起こる私たちへの影響の話です。

人の耳には聞こえない低周波音

私達の身の回りでは、人の耳に聞こえない、感じられない音が沢山存在しています。これらの音は測定器を使用して測定しないとキャッチ出来ない音です。特に超低周波という、15Hz(ヘルツ)以下という低周波が、人の耳には聞こえないが身体では感じています。つまり、脳が感じることは出来ても、聴覚として認知できていません。

例えば、低周波は火山の水蒸気爆発やモーターの音(雑音)、工場などの空調や装置の音、ダムなどで水を放水するときにも低周波が生じています。私達の身近にもこのような低周波の音が多く存在するが、あまり私達は感じないのです。低周波の特徴は、高周波と大きな違いがあり、遠くまで届き、振動としてのパワーが伝わりやすい事です。

低周波音による影響の実例

例えば、15Hz程度の低周波をスピーカーから流した際、私達の聴覚には聞こえませんが、スピーカーの側に置いた水の入ったコップの水が振動して揺れます。逆に100Hz以上の音ではコップの中の水には変化がありません。

また、ある地域で自宅の障子や仏壇、戸棚がガタガタ揺れて音がする騒ぎがあり、一日に何度か続くので、祟りではないかと言われたことがあったそうですが、役所関係の調べで分かったことは、数十㎞離れたダムの水を放水するときに生じた低周波が振動し、障子や戸棚を動かしたことが判明しました。

低周波音が身体に与える影響

低周波の影響は個人差もありますが、人体に悪影響を及ぼすことが分かっています。頭痛や心拍の向上、血圧上昇など人によっては「幻覚」を見たりする事もあります。これらは低周波によるストレスから来る身体的影響です。

現に、1996年11月に三原山の噴火時に低周波が測定され、到達した場所が100kmも離れた市原で観測され、市民の一部の方々に体調を崩した人達もいました。これらは個人差も大きいようです。

低周波音のお悩みは弊社にご相談ください

他にも、自動車工場で勤務年数が1年未満の作業員に、頭痛や耳鳴りなどで体調を崩す人が多く居て、測定器で測定したところ、工場内の低周波を吸収する建物の設計がされて居らず、ベテランの工員は「慣れ」もあり、頭痛や耳鳴りなどの症状が少なかったものの、若手を中心に多かったそうです。

このように低周波は、私達の体に悪い事が判明しております。低周波音の悩みも含め、弊社では多くのお客様のお力になれるよう、常日頃から努力しておりますので、音についてのお悩みなどがございましたら、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。