更新情報

New & Blog

超音波を利用した洗浄装置用の防音BOX~製作から設置まで弊社にて対応

こんにちは。 製造部⓸号です。 昨日ドラフト会議が行われ、私の出身高校の後輩が育成枠で福岡ソフトバンクホークスに選ばれました。プロの世界で活躍できるよう頑張って欲しいです。

本日は、先日私が行ったCAD図の作製から設置までの流れを説明したいと思います。まず最初に、お客様からのお問い合わせ後、弊社スタッフが現場調査をしに行き、実際にその場で寸法などを図ります。その寸法を元にCAD図の作製を行いました。

私が作製をしたCAD図

このCAD図をお客様にお送りし、この寸法で問題ないか承諾を得た後、製作に取り組みます。

今回の製品は、『一人静タイプAプレミア』を使用した六面体の防音BOXです。お客様からご要望があり、扉の所に磁石を取り付け扉を閉めた時の密閉度をあげました。  また、設置する際に、設置場所があまり広くない為、1枚1枚を取り外しができ簡単に組み立てるよう角枠を使用しました。

扉中に取り付けた磁石

扉の磁石の部分は天井パネルの手前側と扉の右側に埋め込み閉まるようにしました。このように枠の内側に取り付け、磁石そのものがビスで止められるようになっています。実際に完成したものを納品先に持参し、設置まで弊社で行いました。 

実際に設置を行った時の写真

防音BOXを設置した機械は、超音波を利用した洗浄装置でした。音を鳴らしてみると超音波なので、とても高い音が85dBほど出ていましたが、弊社のこの防音BOXを設置し計測してみると60dB程まで下がり、約25dB程下げることが出来、部屋の外にいても聞こえる高い音が、部屋の中で会話ができるほどになりました。

このように弊社では現場に測定に行き、実際に弊社のパネルでどのタイプが1番ベストで何枚必要なのかなども計算する事もでき、図面の製作から設置までも弊社で行なうことで、音のことについて、あまり詳しくないお客様でも安心して購入することができます。

何かご不明点やお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせください。 

最後に、11月8日〜11日まで名古屋で行われるメッセ名古屋と言う展示会に弊社も出展いたします。 弊社の出展場所は2B-45です。お時間がございましたら、足をお運びいただけますと幸いです。