更新情報

New & Blog

工場の騒音対策に効果的な高性能吸音パネル~導入実績は全国各地多数

 こんにちは、ソリューション事業部です。今回は弊社製品がなぜ工場の騒音対策に効果的か、をご案内させていただきます。この内容は主に工場の騒音対策をメインでご検討されている方向けですので、一般住宅や建築、音響パネルをお探しの方は別項目をご参照くださいませ。

 

まず、前提としてですが当社吸音パネルは市販の防音材・吸音材(ウレタンやグラスウールなど)に比べ高額です。しかしそれでもご採用をされているには理由があります。グラスウールやウレタンが工場で採用されている理由は、断熱材としても利用できるのでどの地域でも施工店でも扱っていて、ネット経由からでも購入できるということと昔から使用している、ということが主な理由です。しかし、グラスウールには発塵性の問題があるため、防音材として取り付けた後に肌がかゆくなったりする、という欠点があります。ウレタンも軽くて使いやすいのですが、紫外線や劣化で耐用年数が低いのがデメリットです。

当社防音パネルは導入時の費用や上記の吸音材に比べ軽さがありませんが、それを補える耐久性がございます。例えば導入いただいてからのメンテナンスは屋内外で使用してもほとんどありません。いくら安くて購入しても、劣化して交換となれば取り外す費用、処分する費用、取り付けの費用が発生しますのでかえって負担になります。また、その期間に一部の機械を止めたりしなければいけませんので生産性が落ちる可能性があります。防音材の導入前には、トータル的な部分で採用をご検討いただく必要があります。また、ハニカム構造になっているので、他社防音パネルに比べ軽量薄型になっております。厚さは33mmなので事務所のパーテーションと同じ程度です。また、不燃認定も取得しているので工場内外での使用が可能です。

該当製品:工場や機械の騒音・防音対策用「一人静 タイプA」 

当社としては騒音対策以外で下記の点でお客様に比較・検討をお願い致しております。製品単体の価格は高くなっても、トータルで考えていくと必ずお客様の負担、トータルコストで安くなります。

① 耐用年数 : 取り換えや交換の頻度
② 耐水性  : 湿度がある場所で使用することで吸音材が劣化するため
③ 不燃性、耐熱性 : 工場で使用する場合は、不燃であれば制限がほとんどありません
④ メンテナンス性 : 導入後に取り外しや点検がしやすいか、設置場所によって加工がしやすい
⑤ 安全性 : 発塵や臭いで人体に影響が少ないか

工場での導入実績は全国各地で、ブロアーやコンプレッサー真空ポンプなど工場内の設備関連対策、屋外設置の室外機、チラーなどで多数ございます。ご相談がございましたらお問い合わせよりご相談くださいませ。