更新情報

New & Blog

高速道路の防音壁~弊社防音パネルは吸音性能以外に耐風性にも優れています

こんにちは、ソリューション事業部です。昼は暑く、夜は寒い今日この頃。おかげさまで全国営業に行く機会が増えてきましたが、今回は途中で見かける防音壁をご紹介させていただきます。

高速道路で見かける防音壁について

よく高速道路で見かける防音壁も基本的には音の反響を軽減させる吸音構造をとっております。車の走行音を防ぐために、コンクリートやブロック塀だと音が回析し、道路周辺の民家への騒音になってしまいますが、吸音構造によって回析を軽減します(ただし、景観上の問題もでてきます)。

以前はグラスウールなどの吸音材が多用されておりましたが、より湿気に強い多孔質材が使用されるようになりました(撥水使用のグラスウールもありますが、約半年で10%程度の吸音低下があります)。普段目にする防音パネルも見えない部分で品質向上しており、弊社でも技術進歩に身が引き締まる思いで見ております。

従来の防音パネルは風圧の影響により性能低下の恐れがあります

静科製の防音パネルと他社防音パネルの違いは何か?よくご質問されますが吸音性能以外に写真のような構造の違いがあります。写真は実際の高速道路に設置している防音壁です。吸音構造上、表面は通気性のある材質を使用し、内部にはウール系を充填します。

その結果、低コストでの製作が可能ですが、走行時の風圧の影響を受けてしまいます。防音パネル自体は風圧で飛ばされないように設計されておりますが、必要以上の風圧を受けることで写真のように表面がめくれ、内部の吸音材が露出することになってしまいます。また、風圧を受けることで内部の吸音材も圧迫され、性能が低下する恐れがあります。

弊社防音パネルはハニカム構造により耐風性のある設計

静科製の防音パネルはハニカムの芯材に吸音材を充填し、表面材をしっかりと芯材のハニカムが固定しております。そのため、風圧を受けても表面材がめくれない構造になります。また、ハニカムが吸音材を保護することで吸音性能を維持することができます。

防音壁の外観・性能が長期的に維持されることで、メンテナンスの手間(例えば、道路の場合は片道封鎖、クレーンなどの重機使用などのコストがかかる)が軽減できます。一概に防音パネルといっても、耐久性の面などを考慮しないとトータル的なコストで負担が大きくなります。なお、弊社の防音パネルは全国の高速道路、工場の防音へにご採用いただいております。

防音壁など長期的な使用をご検討されているようでしたら、ぜひお問い合わせよりご相談くださいませ。性能以外にも環境・状況に合わせたお客様一人一人に合った提案をさせていただきます。

高速道路でよく目にしますね

高速道路でよく目にしますね

弊社ハニカム構造防音パネル

弊社ハニカム構造防音パネル