更新情報

New & Blog

マンションの貯水ポンプモーターの騒音対策~配管への防振・吸音対策など

こんにちわ、ソリューション事業部です。前回に引き続きマンション防音対策をご紹介いたします。

関連記事:マンションの貯水ポンプモーターの騒音対策~騒音測定を行い対策方法を検討

共用部の騒音対策は隣接した部屋へ配慮が必要

共用部分などは住民のみなさんのものである反面、対策するとなると様々な面で、理解や協力が必要になります。例えば、屋上室外機の下の階、エレベーター隣の部屋の住人にとってみれば、夜中のエアコン稼働や出入りは苦痛になることもあります。夜間に水道を使う際も注意が必要です。

今回は地下に設置されたポンプモーターが稼働し反響して騒音が発生していました。複雑に配管が張り巡らされているので、各配管に防振対策、吸音対策が必要になります。壁の中に埋め込まれている場合は非常に対策が難しくなります。そのため、各配管部分への対策はもちろんですが、ポンプが設置してあるコンクリート壁に吸音パネルを設置し、騒音を低減しました。

音のエネルギーを熱に変換し吸音

既存の壁に遮音シートを貼り付けても、すでに重量のあるコンクリートで囲まれているので、音の遮断には役立ちません。音のエネルギーを熱に変換する吸音効果が必要になります。騒音エリアの周波数を分析し、騒音の出ている周波数に有効な吸音材をとりつけることで、軽量な構造で騒音対策が可能になります。

今回の場合は、配管が張り巡らされているので現場で採寸しながらパネルをカットし取り付けを行いました。電動のこぎりでカットができ、電動ドリルでパネルを貫通さボルト止めします。それまで響いていた室内がまったく響かなくなります。今回は一人静 タイプAを使用しました。

静科では工場やマンションの現場の調査から施工まで行っておりますので、ぜひご相談くださいませ。

カットは丸鋸でできます

カットは丸鋸でできます

配管の通りにカット

配管の通りにカット