更新情報

New & Blog

吸音材を福祉や医療分野として開発していきます@神奈川

代表の高橋です。

1月21日に神奈川県にて開催「優良小規模事業者」の表彰をうけました。賞を開設しての第一回目の受賞なだけに、地域社会・経済に貢献できる継続した企業つくりを目指していきたいと思います。

さて、弊社では今後の成長課題として医療・福祉への製品つくり・サービスを進めております。今までは工場・機械の騒音対策を行うことで、工場に勤務される従業員の方々への環境改善、難聴予防を進めてまいりました。企業様も従業員を大切にする意識から大きな導入傾向にあります。また、工場だけでなく、最近では一般のご家庭、複合施設でも多様な生活環境を導入していることから「聞こえ」の改善を進めています。ホテルやマンションのロビーの響く環境、銀行や空港などざわついた場所での会話、一般住宅の響きやすい部屋、これらすべては難聴者・高齢者の方にとっては改善が必要な空間になります。日本では人口の1/10にあたる1,400万人が難聴傾向にあります。その多くの人は単なる年齢による耳が遠い、ですましていますが、空間を変えることで聞こえにくかった会話が聞こえるようになります。最近話題になっている保育園や幼稚園の騒音問題も解決の糸口が見えてきます。

吸音材を壁に取り付けるという文化が一部のオーディオユーザーや大手企業の会議室など限られた部分のため、まだまだ一般的な認識は薄いですが、私どもは防音材メーカーとしてこの空間・社会への提案を進めてまいります。

表彰の内容です

表彰の内容です

社員と一緒に撮影

社員と一緒に撮影