Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    某マンションの音響測定事例@神奈川県~低周波騒音・振動音を測定し原因を特定

    こんにちは、ソリューション事業部の廣田です。

    先週、THE MATCHという格闘技イベントが東京ドームで行われ話題でしたが、私はチケットが取れず、配信版をリアルタイムで視聴しておりました。中でも「那須川天心選手VS武尊選手」の試合は白熱しており、試合中に声を上げてしまう程でした。

    結果は那須川天心選手が判定勝ちとなり、個人的には武尊選手を応援していた為少しショックでしたが、最後の最後は捨て身になりながらも打ち合いをしに行く姿は感動ものでした。

    さて、今回は音響測定事例についてのご紹介です。

    部屋に響く低周波騒音・振動音を測定

    今回ご相談を頂いた内容は、とあるマンションの部屋に低周波が響いているため、それを測定して欲しいとのご依頼でした。お客様は夫婦でお住まいでしたが、ご主人様の部屋だけに低周波騒音が聞こえており、時間帯も24時間定期的に発生してるとのことでした。また、家にいるのにしっかり体を休めることが出来ないと悩まれており、音響測定の報告書をマンション管理会社へ提出して対応してもらうというのが今回の目的でした。

    早速、弊社環境計量士が測定をさせて頂きました。結果は60Hz付近の低周波音が確かに発生しており、部屋の中で響いている状態でした。また、低周波騒音が目立つ場合には振動を伴っている場合が多い為、プラスして振動調査の方も実施させて頂きましたが、振動の方はあまり目立った数値が出ておらず一安心でした。

    原因はエレベーター機械室の騒音

    今回上記記載のように、低周波騒音が部屋の中で響いていたのですが、お客様よりその原因を確認して欲しいとのご依頼も頂き、音源のありそうな場所を何か所か探っておりますと、一カ所低周波に特化した騒音を発見しました。それはエレベーター機械室でした。エレベーターの上り下りの際に巻き上げるモーターの騒音が真下にあるお客様の部屋、特にご主人様の部屋響いておりました。

    管理会社に対応して頂き、現在では運転モードを切り替えたことで騒音は殆ど無いとのことでこちらも一安心です。

    ※音源は状況により特定できない場合もございます。

    環境計量士が報告書を作成します

    最後にはなりますが、音響測定を行った後は環境計量士の方で報告書を作成させていただきます。

    環境計量士は国家資格となりますので、騒音でのトラブルで裁判等に発展した場合にも有効な資料として取り扱ってもらえるケースが多いです。測定器も検定品を使用しているため安心です。

    いかがでしたでしょうか、今回は音響測定事例のご紹介でした。気になる方はご気軽にお問い合わせくださいませ。