Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    コンビニ駐車場の騒音対策~低音対応の防音壁でエンジン音を削減

    皆さんこんにちは。製造部のHです。最近急に冷え込みが激しくなってきましたね。こういった時期は体調を崩しやすいので、皆様十分にお気を付けください。

    さて、本日ご紹介するのは「駐車場用防音壁」です。駐車場からの騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お読みください。

    屋外でも使用できる防音材

    今回ご相談くださったのは、とあるコンビニエンスストアの従業員の方でした。駐車場に止まっている車の音で、隣接する住宅の方からクレームがあったため何か対策をしたいとの事でした。しかし、駐車場に防音壁を設置するのにとある問題がありました。

    それは「屋外に設置する必要がある」と言う事です。一般的な防音材であるグラスウール等を、屋外に設置することはあまり推奨されていません。グラスウールは水に弱く、雨風に晒されてしまうと水が浸透してしまい、防音効果がガクッとおちてしまいます。

    そこで弊社の製品が活躍致します。弊社の製品は全体がアルミで覆われています。アルミで覆われているため、雨に曝されても中に水が浸透せず、長期間防音効果をたもったまま使用できます。また、弊社で使用しているアルミは特殊コーティングされています。防腐効果もありますので長期間ご使用できます。

    低音対応パネルでエンジン音対策

    今回は駐車場に設置するとのことで、主な騒音源が車のエンジン音でした。車のエンジン音は低い音に分類され、一般的に低い音は防音しづらいとされています。低い音は高い音と比べると振動がつよく、エネルギーが大きいことが理由です。

    低い音を防音する際の方法として、コンクリートの壁にグラスウールを埋めこむ方法等が挙げられます。しかし、コンクリートの壁を作ると場所を取られてしまい、駐車するスペースが狭くなってしまいます。こういった場面でも、弊社の製品が活躍致します。

    引く音に特化した製品として「一人静タイプL」という製品がございます。こちらの製品はタイプAの厚さを増し、更に石膏ボードを加えることで重量を増した製品となります。重量を増す事で振動しづらくなり、より低い音を吸収できるようになっています。

    厚さは枠を付けて約7cm、重量は1m×2mで約30kgとなっています。コンクリートを用いた方法と比べ、場所を圧迫する事なく設置することが可能です。最上部の写真が実際に設置した写真となります。施工はおよそ2日で完了しました。

    弊社の製品は様々な状況に対応可能です。騒音でお悩みの方がいましたら是非一度弊社にお問い合わせ下さい。