Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    室内の音響問題『フラッターエコー(定在波)』の発生原因と対策について

    のみなさんこんにちは、製造部のYです。普段は一人暮らしということもあり週末にお風呂に浸かることが多いのですが、久しぶりに休日に銭湯に行ってきました。お昼ごろから行ったのですが、いつもと違った時間と広いお風呂に凄い特別感を感じてとても良かったです。心身共にとてもリラックスできましたので、これからも定期的に行こうかなと思います。

    余談はここまでにして。今回は室内に発生する音響問題であるフラッターエコー(定在波)についてお話させていただきたいと思います。自宅で映画や音楽を楽しまれる方は、意識していただくとより良い音を楽しむことができるようになります。

    フラッターエコー(定在波)とはどのような音響問題なのか

    皆さんが発する声やスピーカーからの音は、部屋の中では壁や天井にぶつかり反射をします。そして一度反射した音は、更に反対側の壁で反射されます。反射した音は反射を繰り返しながらなかなか減衰せず、残響を生じます。この反射は理論上永遠に繰り返され音の「フラッターエコー」が生まれます。「フラッターエコー」とは、同じところで振動して変化のない波(音)のことを言います。音は波で表現することができますので音波とも言われます。

    色々な音の音波

    「フラッターエコー」が発生することで、音が大きくなったり小さくなったりする空間ができてしまいます。これは部屋の中のどこで音を聴くかでその音が変わることを意味します。同じスピーカーでも、お店のリスニングルームで聴いた時の音と家で聴いた音が違い、「あれ?」となることがありますが、これはお店のリスニングルームが定在波をコントロールするようにセッティングしており、より良い音を聴くことができるためです。室内で音がごちゃごちゃしてるような明瞭でない濁った音、又はうるさく感じるような音の問題は、フラッターエコーが原因となっております。

    定在波のイメージ

    フラッターエコー(定在波)の対策方法

    フラッターエコーは壁や天井が平行して並んでいる場合に起こりやすい傾向にあります。音の往復を繰り返すのを塞ぐには天井や壁面の形状を家具を置いて平行ではなくして音の逃げ場を作ったり、音の反射を減らすために吸音したりするといった方法で解消することが可能です。天井への吸音対策を行うことは難しいですが、床面へはカーペット、壁面はタペストリーやカーテンを取り付けることで対策することが可能です。

    弊社で取り扱ってます「SHIZUKA Stillness Panel」は意匠性とより高い吸音性能を兼ね揃えておりますのでフラッターエコーでお悩みの方へスピーカーの裏や床面、壁面の設置をおすすめさせていただいております。詳しくは下記製品ページを御覧ください。

    関連サイト:Shizuka Stillness Panel

    弊社は仕様等にお悩みの場合でも、現場状況や騒音対象物に合わせてご提案をいたします。騒音対策のお悩み・ご相談ございましたら、お気軽にお問い合わせください。