Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    工場内のブロワーの騒音対策~一人静タイプDを使用した防音カバーで熱籠りを解決

    みなさんこんにちは。製造部のHです。最近手にあかぎれが出来てしまい、空気の乾燥をひしひしと感じています。空気が乾燥するとウイルスに感染しやすいので皆さまもお気を付けください。

    さて、本日ご紹介しますのはブロワ用防音カバーです。ブロワの騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お読みください。

    一人静タイプDで熱籠りを解決

    今回ご相談くださったのは、自動車の部品のメーカーの方でした。工場内のブロワの騒音がひどく、工場内の環境改善のために防音に乗り出したそうです。しかし、ブロワを防音する際にある問題がございました。

    それは、「熱がこもってしまう」ということです。ブロワは熱が発生しやすい機械となっています。それを一般的な防音材で囲うと排熱の妨げになってしまい、故障に繋がってしまいます。

    そこで弊社の製品が活躍致します。弊社の製品に「一人静タイプD」と言うものがございます。弊社の代表製品である一人静タイプAは、アルミ板とアルミのメッシュ材で発泡材とハニカム材をサンドイッチした構造となっています。

    一人静タイプDはハニカム材がアルミでできたものを使用しています。アルミは熱伝導しやすい素材ですので、アルミのハニカムを伝って外側に熱が逃げやすい仕様となっています。

    今回のブロワ用防音カバーにも一人静タイプDを使用いたしました。今回は排熱をより確実に行うために、ファンを併用いたしました。ファンからの音漏れを防ぐ為にサイレンサーも取り付けています。

    お客様のご要望に加工性で対応

    今回のブロワーを作成する際に、もう一つ問題点がございました。それは配管が多いということでした。一般的な防音材ですと、加工性が悪く、配管を避けての製作が難しくなってしまいます。

    しかし、弊社の製品は上記のとおりほとんどがアルミで出来ていますので、丸鋸で簡単に切断できます。加工性が良いので、配管を避けてオーダーメイドで作成が可能です。

    最上部にある写真が実際に作成しました防音カバーになります。ご覧頂くと分かるように、切欠きが正面と上面にございます。こちらが配管を避けるように加工した切欠きです。

    また、天板は3分割してあり、それぞれ取り外せる仕様となっております。取付の際に配管と干渉しないようにすることと、メンテナンスの際に任意の場所だけ取り外せるようにする目的です。

    弊社はお客様のご要望に出来る限りお答えできるよう、現場調査等も行っております。ブロワー以外でも騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お問い合わせ下さい。