Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    2020-11-25

    コンビニの冷凍庫の騒音対策~低音域に効果的な「一人静タイプL」の遮音パネルを設置

    こんにちは、製造部のIです。

    プロ野球の日本シリーズが先週末から始まっていますが、いまのところソフトバンクがリードする結果となっています。ソフトバンクは選手の質もそうですが、プロ野球の最多本塁打記録を持っているバレンティンですら試合に出れない層の厚さがあり、その強さを物語っています。果たして後半戦に巨人の巻き返しはあるのでしょうか。

    さて、今回の記事では過去にコンビニエンスストア内に設置した遮音壁についてご紹介したいと思います。

    コンビニエンスストア内の冷凍庫騒音のご相談

    コンビニやスーパーなどの量販店で使用される空調用室外機や、商品陳列用冷蔵・冷凍ケース用の室外機・コンプレッサーは、低周波音の発生源としてしばしば問題となります。

    今回の案件も、コンビニエンスストア内の冷凍庫用のコンプレッサーの発する低い音が気になって眠れない、という近隣住民のクレームを受けたお店の方よりのご相談でした。

    対策方法として、建物の壁の中に低い音に強い「一人静タイプL」を設置し、騒音の低減を行いました。

    低音域に効果的な「一人静タイプL」

    低周波と呼ばれる低い音は、一般的に使われるロックウールやグラスウールなどの防音材では対処が難しく、より効果的な防音材を選ぶとどうしても分厚くて重たい素材を使用するしかありませんでした。

    静科の防音パネル「一人静シリーズ」は通常の防音材と比べると薄くて軽い素材ですが、性能に関してはそれらと同等の防音効果を得られます。薄型軽量のため施工や加工がしやすいのも特徴です。

    今回使用した「一人静タイプL」は防音パネル「一人静タイプA」の基本構造を活かしつつ、吸音層がほぼ倍になっている製品になります。内部に石膏ボードを取り込むことにより高い遮音効果が得られ、高音域のみならず幅広い周波数帯で高い吸音・遮音効果を発揮します。大型の機械、エコキュート、室外機やモーター音など従来対策が難しい音にも対応可能となっています。

    店内の壁の中に遮音パネルを設置

    設置に関しては、店内の仕上げ面となる壁を一度剥がし、内部に隙間が出来ないようにパネルを取り付けていく、という手法になります。

    音は隙間があるとそこから漏れ、拡散してしまいますが、防音材に使う素材の吸音性能を高めることで隙間漏れを軽減することが可能です。一人静シリーズは遮音壁に加え吸音性能も備えた防音パネルですので、このような懸念にも対応が可能です。

    さて、設置に際し注意する点として、パネルと壁の間に空気層を設けることが挙げられます。パネルと仕上げ面を重ねてしまうとせっかくの吸音効果が台無しになってしまうとともに、遮音効果にも大幅なロスが発生してしまいます。


    ※空気層については過去記事「防音対策で重要な要素3つ~重さ、空気層、密閉度」にて詳しくご説明させて頂いております

    一口に防音対策と言っても、騒音源の種類(冷凍庫用コンプレッサー)、設置の環境(コンビニの住宅側の壁沿い)、施工の条件(24H営業なので要調整)など、流れや実際の施工について様々なケースがあります。

    静科では騒音測定から始まり、対策のご提案、製品製造から施工まで、総合的に防音対策を行うことができます。音のことでお悩みがございましたらお問い合わせフォームやお電話にてお気兼ねなくご相談ください。