Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    製本会社のパンチングマシンの騒音対策~専用の防音カバーをオーダーメイド

    みなさんこんにちは。製造部のHです。最近雨が降るようになって、少し涼しい日が出てきましたね。暑い日がずっと続いていたのでうれしい限りです。

    さて、本日ご紹介致しますのは「パンチングマシン用防音カバー」です。パンチングマシーンの騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お読みください。

    一人静タイプAで狭い場所でも防音可能

    今回ご相談してくださったのは、とある製本会社の方でした。近隣の方から苦情を受け、トラブルに発展してしまったそうです。そのトラブルを解消するため、弊社にご相談くださいました。

    しかし、こちらの防音カバーを作成する際にいくつか難点がございました。まず1つ目は「室内に設置する」ということです。

    室内に防音カバーを設置することの何が難しいかと言いますと、出来るだけ小さく作成しなければならない点です。工場等ですと、室内に多くの機械が設置されています。一つの機械のスペースは限られてきますので、それを囲う防音カバーもできるだけ小さい方が良いのです。

    ところが、一般的な防音材は分厚いものがほとんどです。分厚いもので防音カバーを作成しますと、どうしても広く場所を取るようになってしまいますので、狭い場所の防音は困難になってしまいます。

    そこで弊社の製品が活躍致します。弊社の代表製品である「一人静タイプA」は、厚さが33mmと非常に薄型の仕様となっております。狭いスペースで機械を囲うことができますので、他のスペースを圧迫することがほとんどございません。

    最上部にある写真が実際に設置した際の写真となります。ご覧頂くと分かるように、必要最低限のスペースで囲うことができています。非常にすっきりとした外観に仕上がりました。

    オーダーメイド作成で現場に合った切欠き

    もう一度写真を見て頂くと、防音カバーの奥側に四角い切欠きがはいいていることが分かります。奥の方に出っ張っている部分があるため、それを避けるためにこのような切欠きを入れています。

    弊社の製品はアルミと発泡樹脂の複合体となっております。一番硬い部材がアルミですので、丸鋸などで簡単に加工が可能です。今回のように、現場に合わせて切欠きを入れることが可能です。

    弊社の製品は今回のように狭い場所での設置や、現場に合わせた切欠きなどお客様のご要望に合わせた加工が可能です。パンチングマシン以外でも、騒音でお悩みの方がいましたら、是非一度弊社にお問い合わせください。