更新情報

New & Blog

太鼓の音響測定~「SHIZUKA Stillness Panel」にて実験

2013-05-15 ブログ

前回とは別の案件で、太鼓の測定及びに「SHIZUKA Stillness Panel(厚さ 66mm)」で囲った場合の音測定を行いました。今回はご依頼者が弊社工場にお越しいただきましたので、反響しやすい工場内ではなく、屋外にて実験を行いました。
まずは、太鼓より1m離れ 1mの高さに測定器をセットし屋外にて測定をしました。

次に、SHIZUKA Stillness panelを簡易的に組み立て、右記部屋の様な構造にして、中で太鼓を打っていただきます。測定器は、同じように室内太鼓より1m離れた地点にセットしました。
なお、今回は簡易実験の為、部屋はドアなし。5面をパネルで囲い、ガムテープで固定しております。

測定結果

詳細は下表の通りです。

HZ
(周波数)
80 100 125 160 200 250 315 500 1000 2000 4000
太鼓 縦打ち 65.1 75.9 97.3 93.6 88.2 84.8 92 89.9 89.7 83.7 73
太鼓 横打ち 66.6 87.5 92.3 90.0 84.3 81.8 85 83.5 82.3 76.8 65.4
パネル内  56.1 63 66.4 68.3 61.5 61.3 62.2 59.2 59.3 57.6 43.4
暗騒音 29.9 31.2 32.6 35 36 37.4 40.8 43.4 44.1 43.2 39.7

太鼓音は125HZ~ 大きく音量が発生していることがわかります。また、この部分においても約25~30dbの低減が確認できました。仮に室内で行った場合は、室内ではたたいていることがわかりますが、コンクリートの部屋などでに設置して頂ければ、屋外に漏れにくい(遮音性能40dbと仮定して)と思います。
叩き方でも音量が変わるようですので、より本格的な施工を加え確認してまいりたいと思います(今回は規則的に叩いてみました)。

※「太鼓 縦打ち」は太鼓を縦に設置して、上部から打ちます。「太鼓 横打ち」は太鼓を横に設置して、側面から打ちます。
※「パネル内」は5面にして囲いました。なお、一部開放部分があります。
※「暗騒音」は太鼓を打っていない時の平常音になります。

パネル5面でセッティング

パネル5面でセッティング

パネル内での測定

パネル内での測定