Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    端材整理用の組立解体式のボックスを製作

    みなさん、こんにちは。製造部のAです。

    日々様々な業務を覚えるために、試行錯誤していますが、あっという間に入社してはや5ヶ月が経ってしまいました。

    いまは少しずつではありますが、お客様案件のお手伝いをさせて頂けるようになりました。入社当初は端材の解体業務を行なっていました。

    端材の解体について

    端材というのは、弊社の吸音パネルを製作途中に発生するのですが、放っておくと作業スペースの邪魔になるので、解体作業は大切なこと業務と教えていただきました。

    各自治体によって、分別は変わると思いますが、弊社のアルミ製防音パネルは、「アルミ」→金属スクラップ業者に買い取って頂き、「ハニカム」「発砲樹脂」→普通ごみで回収してもらえます。※不要な防音パネルの処分は各自治体にご確認お願いいたします。

    一人静タイプAを使用して端材を入れるボックスを製作

    昨年末の大掃除の時に、端材を入れる箱が古くなっていたので、新しく作る事を任されました。弊社にある物で製作する為、練習を兼ねて一人静タイプAを使用し、製作することにしました。

    以前製作した商社様デモ用の防音BOXは、パネル同士が一体型になっており、解体が出来ない仕様でしたが、今回は専用枠材を使用し、組立解体式のボックスで考えました。

    また、寸法は上司の指示で決まっていたので「見た目」や「機能性」を自分で工夫しながら加工しました。

    組立解体式防音室は工場内の機械の騒音対策に便利です

    組立解体式のボックスには、角枠材というフレームを使うのですが、初めて扱ったので寸法通りカットすることに苦労しました。

    またインサートという、防音パネル内部に組み込んでビス留め出来る加工も行いました。この加工を行うと、組み立ても解体も出来るボックス仕様になります。※工場で機械移設などする際は、組立解体式の防音室がお役に立てると思いました。

    何度か失敗もありましたが。上司のご協力もあり満足のいくボックスが出来ました。

    いまでもたまに端材解体業務を行うのですが、その度自分で作ったボックスを見て嬉しく思います。

    今度、組立解体式ボックスのお客様案件を任されても、自信をもって良い物が作れると思います。