更新情報

New & Blog

2019フードファクトリー出展用防音ボックスを製作~食品工場の騒音対策に最適な発塵性抑制・耐水性

みなさんこんにちは。製造部のSです。

今週の月曜日に台風15号が関東を直撃し、私の住んでいるところでは夜中の2時くらいからはげしい雨風に見舞われて不安であまり寝れませんでした。もっと大変だったのがその日の朝、通勤で使用している小田急線が10時半まで運転見合わせで、朝の7時くらいから駅で並んで会社に着いたのが11時を過ぎていました。

やはり人間は自然災害に勝てませんので、常日頃から備えをキチンとして、自分の身は自分で守らなければならないと今回の台風15号で再度認識しました。

今回は明日から東京ビックサイトで開催されるフードファクトリーでの展示会用に作成した、一人静タイプZを使用した防音BOXをご紹介いたします。

食品工場に適した発塵性抑制・耐水性

タイプZといえば発塵性抑制や、耐水に特化した商品になっております。ここ最近食品工場では異物混入や衛生面を考え、クリーンルームを導入されている企業様が年々増加しており、そのクリーンルームでも発塵を気にすることなく、安心して使用できる防音パネルになります。

今回のフードファクトリーという展示会は主に食品工場改善をメインとし、来られる方々は、食品製造業やフードサービスに携わっている方々が多く来場される展示会のため、この展示会に合わせた防音BOX製作いたしました。

防音BOXの仕様について

製作した防音BOX(上部写真)は、天面に大きな開閉部分、正面に小さな開閉部分(蝶番式)があり、中の機械に対してメンテナンスや設定変更が容易に可能になっております。

正面の開閉部分の右隣にはガラス窓を取り付け、ここから機械の温度計等々などをいつでも目視ができるようになってます。そして天井部裏面に小型の蛍光灯を設置し、中の状態を目視しやすいようにしています。蛍光灯のコードは専用の配線取り出し口から出るようになっており、その配線口にもスポンジのようなものを詰めて、音を外に逃がさないよう工夫を施しています。

「一人静タイプZ」を使用した施工事例は過去のブログでも紹介していますのでご覧くださいませ。

弊社は工場の防音対策用の吸遮音パネルを製造・販売しております。工場の騒音対策にお困りでしたお気軽にお問い合わせくださいませ。