更新情報

New & Blog

工場のプレス機の騒音対策@埼玉県~近隣住民の方への配慮のために工場の窓に吸音パネルを設置

こんにちは!ソリューション事業部のTです!

日本はまだ梅雨が続いていますね。最近は雨が多くて洗濯物が乾きにくくて困ってしまいます。そんな今の時期に活躍するのが新聞紙です。洗濯物のしたに新聞紙を敷くと、より早く洗濯物が乾くのでおすすめですよ。

今までは、過ごしやすい気温でしたが、日に日に気温が高くなっていますよね。この窓を開けることが多くなる時期は要注意です。住宅地付近に工場がある場合ですと、近隣住民のかたから苦情が来やすい時期でもあります。

今回紹介する案件は、近隣住民の方への配慮のために、窓に弊社の吸音パネルを使用した例です。

防音パネルは現場で寸法を合わせながら加工

今回の案件は、埼玉県にある工場のプレス機の騒音を抑えるため、工場の窓に防音パネルを設置する施工です。工場の窓の上下に防音パネルを支えるための鋼材を取り付けていき、横からパネルをスライドさせていき、鋼材とパネルをリベットで留めています。

現場は配管が飛び出している箇所があるので、現地で採寸し切り欠き加工をおこなって、設置しております。実際の現場に行かないとわからない箇所を現場で寸法を合わせながら加工ができるところも、弊社の防音パネルの強みでもあります。

大規模な工事をすることなくお手軽に騒音対策

作業員は2人、作業時間は約5時間程度で終了いたしました。現場での加工も含めながらですが、半日もかからずに防音対策を行うことができました。弊社のパネルであれば大規模な防音工事をせず、お手軽に騒音対策をとることができます。

さらに、キット式にすることもできますので、予算や効果が不安な場合は「とりあえず一部だけやってみる」というのもおすすめです。もし、効果に満足いただけなかった場合は、追加で加工することも可能でございます。

防音パネルの貸し出しサービスも行っております

また、弊社では防音パネルの貸し出しサービスも行っております。防音パネルは決して安い金額ではありません。「多額の金額を投資して効果が出なかったら」と、不安な方もいらっしゃると思います。

実際のパネルの効果をお客様に実感していただき、設置後のギャップを減らすことができますので、必要であればお気軽にお申し付けくださいませ。

弊社の取り扱っている防音パネルは、今までのグラスウールやウレタンと使い勝手が違うため、不安になられる方もいるかもしれません。弊社では貸し出しサービスや現地調査等で、お客様の不安をできる限り取り除きたいと考えております。

工場・機械の騒音対策は静科にお気軽にお問い合わせください。

壁に鋼材を取り付け。

現場で切り欠き加工