更新情報

New & Blog

勉強や仕事が捗る『ホワイトノイズ』~自然界には存在しない理想的な雑音の効果とは?

2019-04-13 ブログ

こんにちは。製造部Iです。

先日、某回転寿司店がハンバーガーを始めるとニュースになっていたので、物は試しと実際に食べてきました。まったく期待していなかったのもありますが、思いの外美味しく、流石は5年の開発期間を経て商品化されただけはあるなと感じました。最近はどの回転寿司店も奇抜なサイドメニューで勝負している傾向にあり、次はどんなものが出てくるのか予想するのも一つの楽しみ方かもしれません。

さて、少し雑談になりましたが、本日のブログでは「雑音(ホワイトノイズ)」についてお話したいと思います。

ホワイトノイズとは

あらゆる周波数成分を同等に含む雑音のことをホワイトノイズと呼びます。光が全ての周波数成分を同等に含むと白くなることからホワイトノイズと名付けられたそうです。ネットで検索すると色々なホワイトノイズがでてきます。

関連情報:「ホワイトノイズ」に関する動画をGoogleで検索

実際にホワイトノイズの音を聴くと、小川の流れる音や草原の草が風に揺れる音に近く聞こえます。今となっては懐かしい話ですが、以前のアナログテレビ時代には深夜に各TV局の放送が終わるとザーっという音声画面が流れました。あの砂嵐のような音が、まさにホワイトノイズです。

ホワイトノイズで集中力アップ?

実はこのホワイトノイズには、集中力を高める効果や安眠をもたらす効果があると言われています。一見、静かなところの方が集中できると思いがちですが、完全な無音状態では逆に神経が過敏になってしまい、まったく集中できなくなるのだそうです。

集中するためには適度な「雑音」が必要不可欠です。適度な「雑音」とは、一定の波長と強さを合わせ持った雑音のことで、集中を途切れさせる他の雑音を遮断できるような「雑音」です。ホワイトノイズはまさにこの条件を満たすため、集中力が高まると言われています。

理想の雑音

「ホワイトノイズ」は自然界には存在しないものと言われていますが、たとえば小川の流れる音やたき火が燃える音なども理想的な「雑音」になります。言われてみれば川や焚き火の音を聞いているとなんとなく安心できるような感覚に陥りますよね。個人的には海の波音の不規則なリズム感が一番集中力を高めてくれそうな気がします。

このような音を集めたCDは昔からよく販売されていますし、最近はスマホのアプリでもホワイトノイズ音を流すことができるそうです。集中力が散漫になりがちで、勉強や仕事がどうしても捗らない、といったお悩みをお持ちの方は一度試してみると思わぬ効果が得られるかもしれません。