更新情報

New & Blog

工場内ブロアの騒音対策~近隣の方への騒音対策用に低周波向け防音BOXを設置

こんにちは。製造部④号です。甲子園も終わり夏が終わってしまった雰囲気がありますが秋には甲子園で活躍した選手たちが日本代表としてチームになります。秋は秋で楽しみがまだありますね。

本日は8/28日(火)に弊社で行った防音BOXの設置施工のご紹介です。

ブロアの低周波騒音の防音対策

今回は、近隣の家の方から苦情があったとのことで、工場内のブロアの騒音対策を行いました。特に低い音が目立った為、弊社の低周波用吸音パネル、一人静タイプLを使用しました。今回は弊社のものが採寸をして、その寸法に合わせてパネルをBOX型にし、いざ設置という流れでしたが寸法を測る際に騒音源の周りに元々他の防音パネルで対策をされており騒音源そのものが見えない状態での採寸となり、設置を行う際に寸法した際にはなかった配管などが出てきました。

現場の状況に応じて柔軟に加工・設置

他社の製品は鉄など重たいものを使用していたりするので現場で加工するのが難しいのが一般的ですが、弊社のパネルはアルミ素材で出来ておりとても軽い素材になっていて丸ノコ1つで簡単にカットする事が出来ます。今回は現場で配管の部分などを切り欠き設置を行う事が出来ました。 また、このBOXには通気性を良くするために、正面と後ろの2つに開口を設けてます。ただ開口を設けるだけですと音も逃げてしまう為、弊社のパネルで作ったカバーを使い音は逃さず空気だけ流す仕組みになっております。

防音ボックスはアンカー施工による取付

実際に防音ボックスを設置し、さらに固定するためにアンカー施工を行いました。アンカーの使い方としては基礎であるコンクリートに下穴を開けそこにアンカーを入れ、ハンマーで叩くとアンカーが固定される仕組みになっており、固定されたアンカーにパネルを取り付けて固定するようになっております。

実際に測定してみた所86dBの音が約20dBほど減衰し、良い効果を得られる事ができました。

弊社は工場の防音対策を中心に施工を行っています。騒音のお悩みやご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

防音対策前

防音対策後

アンカー施工を行い取り付けました。

 

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す