更新情報

New & Blog

ビジネスホテルの騒音問題を解決します~「遮音+吸音」で室内の反響音を軽減

2018-06-30 ブログ

こんにちは、ソリューション事業部です。出張が増えてきて全国を飛び回る日々が続いておりますが、今日はビジネスホテルの防音対策についてご紹介を致します。

ホテルの苦情が多い上位に「騒音」がランクイン

都市部でのビジネスホテルは、徐々に宿泊費も上昇傾向ですが、地域によっては手ごろで、禁煙室もしっかり完備されております。また、人工温泉を設置しているホテルもあり、出張の疲れを大いに癒してくれますが、「音」に関してはどのホテルも悩みの種の様です。

現在、当社にもホテル関係者の方から相談を受けますが、宿泊者からの苦情が多い上位には「騒音」がランクインされます。一概に騒音と言っても宿泊する部屋によって異なります。一番聞こえやすいのが、隣室、上階の足音、通路を歩く歩行音、エレベーター隣の部屋ではエレベーターの稼働音が気になるケースがあります。特にエレベーターの音は宿泊エリアによっては夜間も稼働する可能性が高いので、稼働音でクレームとなりよほどの来客数でないと部屋を埋めることができない、という状況も発生しているようです。

室内の遮音性が高くなるほどドアや窓から室内の反響音が漏れます

私個人としては、室内の響きが非常に気になります。仕事上、部屋で電話をかける機会が多いですが声が響きすぎて周囲に聞えていないか気になりますし、響きすぎて通話先にちゃんと聞こえているか心配になります。また、様々な方が宿泊しているので、既にお休みの周囲の部屋に迷惑をかけていないか、と考えてしまい大体すぐに電話を切ってしまいます。近年では隣室同士の声が聞こえないように、壁の遮音性高める工夫がみられておりますが、遮音性が高くなればなるほど音の逃げ場がなくなり、かえって室内で反響をしてしまうのです。反響した音は、一番遮音性能が低いドアや窓から出てしまい、上階や通路に聞えてしまいます。

吸音パネル「一人静Grace」で室内の反響音を軽減

このような問題に関しては、吸音パネルを室内に設置することで室内の反響音を軽減でき、外に漏れる音も低減できます。設置の目安ですが、室内の表面積に対して2/3が理想的ですが写真のように、ベッド脇上部に取り付けることでも効果が出やすいです。当社では、吸音パネル「一人静Grace」が該当いたします。既存のホテルであれば、壁に金具を取り付けていただくことで設置ができますので、お客様のチェックアウト・インの期間で設置が可能です。

快適な宿泊をサポートする騒音対策承ります

今まで宿泊したホテルでは愛知県を中心に展開しているABホテルがお気に入りです。朝食無料は今の時代当たり前になりつつですが、夕食も無料という好待遇です。かつ、温泉付きです。他にはドミーインも夜には夜鳴きラーメンが無料で、温泉がついています。当社は、騒音対策で皆様の快適な宿泊ができるよう、ご協力をさせていただきます。

 

吸音パネルを取り付ける場所

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す