更新情報

New & Blog

吸音パネルで工場内のブロワーの騒音を改善@神奈川県

製造部です。

ジョージ・A・ロメロ監督が死去されたそうですね。一つ時代が終わった感がありますね。名作「ドーン・オブ・ザ・デッド」は今観ても新鮮です。ご冥福をお祈りいたします。

話は変わって、先日設置納品させて頂きましたブロアー用防音カバーの組立のご報告をさせて頂きます。※画像は下記に添付していきます。神奈川県の工場様のブロアー騒音対策/低周波音対策に使用して頂きました。

画像①のブロアーを吸音パネルで囲っていきます。ご覧の通り、配管が上部と側面に伸びています。
側面から順番に設置していきます。画像②の様に観音扉仕様の吸音パネルです。小さい配管用の切り欠きも入れてあります。
その後も順番に連結していき、画像③のようにコノ字型に設置します。配管が通っているので切り欠きを入れた2枚のパネルで挟み込んで取り付けます。

最後に天板を取り付けます。側面と同様配管が出ているので2枚の吸音パネルで挟み込みます※画像④参照

全て囲ったら、ブルーの保護シートを剥がして完成です。防音パネルに慣れた作業員2人で約一時間で完成です。メンテナンス時には、解体することなく観音扉を開けて作業が可能です。※画像⑤

本案件は弊社スタッフが、ブロアー実機を採寸し設計からスタートし、組立設置まで行いました。
騒音でお困りの機械がございましたら、是非お問い合わせ下さい。測定~採寸~設計~加工~設置まで行い、ご要望であれば防音対策後の音響測定も実施致します。

勿論ブロアー以外でも、コンプレッサーや工場内加工機器、研究所などの精密機器、振動機など現場調査をさせて頂ければ、対策案をご提案させて頂きます。

弊社も防音/吸音パネル業界で一時代を築いていけるよう、邁進してまいります。

 

画像①ブロアー

画像②

画像③

画像④

画像⑤観音扉