更新情報

New & Blog

お客様自身による防音・吸音パネル加工について

2017-01-25 ブログ

製造部2号です。

最近、「部材(パネルや端面補強枠材)だけで購入して、パネルカットなどの加工を購入先で行うことは可能ですか?」といったお問い合わせをよくいただきます。結論から言いますと、はい「可能」です。

弊社の防音パネル「一人静タイプA」「タイプD」「タイプL」は表面背面ともにアルミ材、芯材も特殊ハニカムと発泡樹脂でできていますので、電動丸鋸などの道具をお持ちの方であれば簡単にカット加工することができます。また吸音パネル「Esprit」「Esprit Life」は更に加工が簡単で、カッターナイフだけで簡単にお好みの寸法に切ることが可能です。

※「タイプZ」「Grace」につきましてはそれぞれフィルム、クロスで中の素材を巻く製品ですので、お客様でのカット加工はできません。
 寸法加工が入用であればご注文時に予めご連絡下さい。

カット後はパネルの断面がむき出しになりますので、下の図のようなコの字型の端面補強枠材を別途ご提供しております。

通常の四角いパネルに装着する場合、このように斜めにカットすることで4つの角が決まります。

枠材とパネルの固定方法については色々ありますが、弊社では、ブラインドリベットとシリコンボンドの併用を行うことで接合の強度を高めています。また、枠材にはアルマイト処理がなされているので耐腐食性に優れています。パネル自体も経年劣化に強い素材となっていますので、長期スパンでのご利用を計画されている方は、ぜひご検討くださいませ。