更新情報

New & Blog

測定にて検証。室外機騒音 低周波・中高音域の低減効果

こんにちは、ソリューション事業部です。暑い日が続くとエアコンをつけっぱなしにしてしまいますね。なんでも電気代は頻繁につけたり消したりしても、つけっぱなしにしてもさほど変わらないとか。どうなんでしょうか。

 

さて、今回は暑い夜にエアコン(室外機)の騒音対策の報告をさせていただきます。当ブログでも何度か室外機の低減結果・対策を掲載させていただきましたが、対策前後の各周波数で見ていただこうと思います。横軸が周波数(Hz)、縦軸がデシベル(db)になります。周波数は音の高低を表し、例えば話題になっている低周波は100Hz以下、20Hz以下を超低周波の領域とされています。100Hz以上は中高低音になります。dbは音の大きさを表します。目安としては人の話し声が約55~60db、70dbは大型掃除機、80~90dbは犬の鳴き声程度になります。

このグラフでは赤色の線が室外機から1m地点で測定した際のdbとHz、緑色が同じ位置で間に防音パネルを立てた場合の比較になります。防音パネルを設置していない状態の騒音レベル(A測定)は75db、防音パネルを設置することで60db(-15db)になりました。防音パネルは一人静 タイプAを使用しております。紫色の円は低周波部分(160Hzまで含んでおりますが)、オレンジ色のグラフが中高音域の卓越部分になります。人間の耳には中高音域の方が目立ちますが、少し離れると低周波部分が目立ってきますので、対策したい場所によって方法を検討する必要があります。また、室外機などは屋外やコンクリートに囲まれた場所に設置されることが多いので、回析(反射して音が回り込むこと)の問題も懸念されます。基本的に弊社パネルは吸音構造になっているので、当たった音が反射されにくくなります。そのため防音壁の様に設置していただくことで回析を軽減します。

なお、今回はダイキン製の室外機で、高さ1800mm程度になります。室外機に対し1m離し、正面横一列にパネルを設置しました。防音パネルの高さは2000mmですが、2500mm程度にしていただいたり返しを付けることででさらに効果を発揮できます。

静科では騒音源の分析をしっかりと行い、適した防音パネルを選定し対策を行います。測定に関しては、国家資格の環境計量士により低周波の測定が行えます。また、事前の効果確認にはレンタル防音パネルで実証が可能です。何かご相談がありましたらお問い合わせよりご相談くださいませ。

 

人間の聴覚範囲

人間の聴覚範囲