更新情報

New & Blog

SWOT分析と今後の課題

代表の高橋です。社内でSWOT分析を行ったのでご紹介します。詳しいやり方はおそらく製造2号か3号が掲載すると思いますので、そちらをお楽しみください。

SWOT分析

SWOT分析とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトやベンチャービジネスなどにおいて、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つである。・・・Wikipediaより

SWOT分析は社内の意思共有や課題の抽出として便利です。事前に項目を考えていても、いざ時間内に書き出していくと本当に意識していたり考えているものでないと出せません。その分、普段社員が本当に意識しているものが出てくるのだと思います。

さて、問題は出し切った後です。多くは課題がありすぎていてどこから・どのように解決するかに頭を悩ませるはずです。例えば「売り上げが少ない」「営業活動が少ない」、じゃあ解決策として「営業活動を増やす」は本質的な解決にはなりませんよね。

課題の逆の回答をして、頭を使っていません。ほぼ課題のままで終わってしまいます。実質問題、営業マンの数が少ないのだから対応できる案件は限られています。残業して対応するというのもまったく解決になりません。今回20項目くらい様々な分野での課題が抽出できましたが、それすべてをやってしまっては各人の負担が大きすぎます。優先順位をつけ、さらに分析が必要です。また、その課題に対して一時的なプロジェクトリーダーをつくるのも面白いかもしれません。SWOT分析はある程度の対話環境が必要ですが、問題解決の際は引っ張る人材が必要です。多くの課題は実例や正確な解答がなく、自分たちで仮説を立て検証・実践しない限りは解決ができません。また、解決策ができたとしても、そもそもの課題が間違っているかもしれませんので、本質的な問題が解決できないケースもあります。

これから試行錯誤が始まると思いますが、数多く課題をこなすことで、様々な成長ができるはずです。個々人の成長は弊社の大きな力となります。みなさんにはこれからの静科の成長をぜひ見守っていただきたいと思います。

お問い合わせ・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

営業時間:9:00~17:00(月~金)
休業日:土・日・祝日