更新情報

New & Blog

吸音スポンジと吸音パネルの違い~複合体で吸音効果を上げます

こんにちわ、ソリューション事業部です。今日はお客様より吸音スポンジと吸音パネルの違いを聞かれましたので回答させていただきます。

吸音の仕組みやそれぞれの性能について

基本的な認識ですが、吸音スポンジの「吸音」は音を反響させない性能を持っております。名前からすると音を自然に吸いそうなイメージがありますが、素材の内部に無数にある多孔質(穴です)に音エネルギーが入射することで、熱エネルギーに変換されます。エネルギーが変換されることで音が軽減します。

この多孔質、素材によって孔の密度が違いますので単体で使用するよりも複数の素材を組み合わせた方が効果が高くなります。特に低音域は1秒間のエネルギーが大きくなりますので、吸音材も厚さがないと効果が出ません。

吸音スポンジはほぼ単体の素材で構成されていることが多いです。そのため、限定的な音域しか効果が得られにくくなります。吸音パネルはスポンジ、ウールなど様々な素材を組み合わせているため幅広い音域に対応できます。

吸音スポンジと吸音パネルのメリット・デメリット

ここまで聞くと吸音パネルの方が利用しやすそうですが双方のメリット、デメリットもあります。まず、コスト面から言って吸音スポンジは安価です。反対に複合体の吸音パネルは同じ面積分割高な傾向です。また、重量の点でもスポンジの方が軽量で、加工が容易に行えます。吸音パネルは高い効果の反面、重量があって設置個所を検討したり、複合体の為切断でも確認が必要です。

各メーカーさん、様々な製品がありますので、自身で行う騒音対策内容に合わせて検討をしてください。ちなみに静科では基本的に全製品、様々な素材を組み合わせて幅広い吸音効果を可能としております。上記の代替えで検討しますと、下記に分類できます。

吸音スポンジ系(軽量、設置がしやすい)
高音の吸音対策向け「一人静Esprit」
中~低音の吸音対策向け「一人静EspritLife」
室内の音漏れや反響音を軽減「一人静Grace」

吸音パネル(音の遮断もします)
工場の防音対策向け「一人静タイプA」
機械類に適した放熱性能「一人静タイプD」
発塵抑制・耐水性能「一人静タイプZ」
大型機械や低周波防音対策向け「一人静タイプL」