更新情報

New & Blog

廃棄処理工場粉砕機騒音調査@神奈川

産業廃棄物処理工場様の騒音測定を行いました。こちらは粉砕機にて粉砕処理した材料の騒音でご依頼をうけました。

 

粉砕物がコンベアーを通る過程で騒音が発生します。コンベアーなどに制振材を取り付けることで、振動などの低周波域への効果は高いですが高音域への効果は薄くなります。今回の測定では500Hz~1250Hz付近で騒音がピークとなっておりますのでこの部分の対策が必要になります。そのため、コンベアーへの衝撃軽減を制振材で対策をとり、中高音域の対策には吸音効果が高い「一人静 タイプA」での対策提案を致しました。

 

以前に粉砕機の対策を行いましたが、材料を粉々に砕くために非常に音が発生します。投入口や排出する部分が必要なため、鉄板などのカバーで囲うと反響音がより激しくなります。この点で吸音効果が高いと反響音が軽減し、投入口を設けても音が漏れにくくなります。そばで働く従業員の耳への保護のために吸音材は重要です。

 

音を対策するのはコンクリートや木材で囲っても効果は出ます。しかし、やり方を間違えると逆効果にもなりますので、ご不安な点がございましたらご遠慮なくご相談くださいませ。

以前納品した粉砕機防音BOX

以前納品した粉砕機防音BOX