更新情報

New & Blog

工場貯水ポンプ防音施工調査@大阪

工場屋外に設置してある貯水ポンプの防音施工の下見を行いました。稼働が24時間のため、夜間の周辺への影響を考慮し検討していただいております。屋外の現地下見は、施工時を考え基礎工事の有無や、施工時の周辺環境の影響を考慮する可能性があります。

 

屋外への施工では、一人静タイプA一人静タイプLでも使用が可能ですが、今回は水蒸気の発生など、水が常時かかる可能性があるため、発塵性抑制、耐水性能のある「一人静タイプZ」を検討していただいております。通常吸音材は音を反響させないように表面から音を吸収しますが、反面水分も吸収してしまう可能性があります。弊社ではこの欠点をカバーすべく、吸音しつつ吸水を防ぐ製品 タイプZを開発しております。この製品は発塵も抑えますので、クリーンルームの防音にも有効です。防音壁も有効ですが、直接的に貯水ポンプを覆えそうなので鉄骨に組み合わせた対策を検討しております。

 

静科では、音以外の周辺環境、設備環境を考慮し、騒音対策を提案させていただきます。ご不明な点がございましたら是非お問い合わせくださいませ。