Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    床用吸音材『一人静Grand』~騒音の低減や衝撃音吸収に有効!階下の苦情も削減

    こんにちは、ソリューション事業部のHです。

    最近は暑い日が続いておりますので、仕事が休みの日は家にこもり、完全にインドアな生活を送っております。皆様はいかがおすごしでしょうか。

    さて、今回は一人静Grandの性能について紹介をさせていただきます。

    床に敷くだけで-15dbの低減を発揮

    下記表は『一人静Grand』の数値比較表となっております。比較方法としましては、フローリングの床に一人静Grandを敷いた場合と敷いていない場合で被験者(65kg程度)に歩行してもらい、その時の騒音を測定し比較したデータとなります。ご確認いただきますと分かる通り、『一人静Grand』を敷くことでどの周波数帯でも約10dB近くの低減となりました。特に低周波帯の63Hzでは、70dB以上あった騒音が55dBまで低減しております。63Hzというと可聴音(実際に人間の耳で聞こえる音)の中でも非常低い周波数帯で、室外機等の「ヴォーーー」という地響きのような音が特徴的です。

    また、70dBから55dBで15dBの低減と言ってもどのくらいの音が減少しているのかイメージがつきにくいかと思いますが、70dBというと在来鉄道の車内や蝉の泣き声に匹敵する騒音となっており、55dBというと役所の窓口周辺や書店の店内に匹敵する音となっております。こう聞くと、15dBでもかなりの差があるのが分かりますよね。因みに、10dB低減すると元の騒音と比較して、半減して聞こえるとも言われております。

    比較表

    衝撃音の低減にも有効です

    衝撃音は、床に物が落ちた際に響く音や、ドンドンと音を立てて歩行する際等に発生する音の事ですが、こういった音も一人静Grandを敷くことで低減が可能です。

    衝撃音の性能値を数字で表す際に、一般的にはG値という言葉を使いますが、この数値は少なくなればなるほど性能が高く、音が響きやすいコンクリートで150程度、音を吸収しやすい畳では55程度となっております。そして気になる『一人静Grand』の数値は45.6となっており、これはつまりG値が150程度のコンクリートの上に『一人静Grand』を敷くだけでG値が45.6となり、衝撃吸収性能が非常に高くなるということです。

    マンションやアパート等の集合住宅で、お子様の走る足音が下の階へ響いていないか心配なご家庭や、犬や猫等を飼われているご家庭様にも、「苦情が無くなった」「何も気にすることなく子供と遊べる」など、大変高評価を頂いております。

    詳しくは下記の製品ページをご確認くださいませ。

    床の歩行音・衝撃音対策用防音材「一人静 Grand(グランド)」
    一人静Grand 製品紹介ページ

    使用方法は敷くだけで簡単設置可能です

    使用方法としましては、フローリング等の既存床の上に敷いていただくだけでOKです。見た目が気になる場合は、一人静Grandの上にタイルカーペット等を敷いていただくのも良いかと思います。新築の場合は、フローリングの下地材として活用していただく事でも効果を発揮します。

    また、厚みが16mmと大変薄いこともあり、カッターでのカットが可能です。部屋の間取りや大きさに合わせてご使用ください。その他製品寸法や詳しい説明に関しましては、上記の製品ページをご確認ください。

    いかがでしたでしょうか。今回は床に敷くだけで簡単防音可能な一人静Grandのご紹介をさせていただきました。弊社では音響測定サービスやオフィス向けの防音ブース等の販売も行っております。まずはご気軽にお問い合わせください。