Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    2020-11-09

    粉砕機の騒音対策~現場採寸を行い狭いスペースでも設置可能な防音カバーを製作

    皆さんこんにちは。製造部のHです。最近朝と昼間の気温差が激しいですね。まだまだコロナの感染も油断できませんので、風邪を引かないよう皆様十分にお気をつけください。

    さて、本日ご紹介致しますのは粉砕機用防音カバーです。粉砕機の騒音でお悩みの方がいましたらぜひ一度お読み下さい。

    狭いスペースに一人静タイプAで対応

    今回ご相談くださったのはとあるアルミ加工会社の方でした。機械の騒音が酷く、工場内の環境を改善するために騒音対策に乗り出したそうです。しかし、粉砕機を防音する際に難点がございました。

    それは場所の狭さです。今回防音カバーを設置した粉砕機は工場の壁付近に配置されていました。一般的な防音材は分厚く重いものがほとんどです。壁との隙間に入るものは少なく、全体を囲うとかなりスペースを取ってしまいます。

    そこで弊社の製品が活躍致します。今回は弊社製品の「一人静タイプA」を使用しました。一人静タイプAは厚さが33mmと薄型の防音材となってり、今回のような限られたスペースでご利用頂けます。

    お客様のご相談に提案力で対応

    また、騒音対策をするにあたってどのようにパネルを設置すればいいかわからないというご相談を頂きましたので、パネルの設置の提案と現場採寸に伺わせていただきました。

    今回、お客様からのご要望で観音扉を付けたいというものがございました。粉砕機上部にアルミクズをいれる穴があり、そこまでフォークリフトで運びたいとのことでした。

    大半の防音材は加工が難しく、今回ご相談いただいたような扉の作成などは難しくなっていますが、弊社の製品はアルミと発泡樹脂の複合材ですので、加工が容易となっています。今回のような扉の作成も対応可能です。

    最上部にある写真が実際に今回制作した防音カバーの観音扉部分になります。弊社のパネルの定尺は1000×2000mmなのですが、今回フォークリフトが入る部分の高さは約2500mmと定尺より高くなっていました。

    そこで今回は観音扉用のパネルに継用の枠を差し込み、2枚のパネルを1枚にすることで足りない高さの分を補いました。このように、弊社の製品はオーダーメイドでの作成が可能です。

    今回のお客様のように、「防音したいけどどうやって設置したら良いかわからない」とお悩みの方もいらっしゃると思います。弊社は測定から設置まで行っていますので、そういった方も是非一度お問い合わせ下さい。