Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    機械のベルトの騒音対策~低周波用防音BOX(床無し5面体)で約10㏈低減

    こんにちは!ソリューション事業部の登川です!

    気づけば、今年も半分をすぎました!去年のこの時期は7月、8月は休日が多いのであっという間に過ぎるので、9月の繁忙期までもうすぐです!

    現在は、とてもありがたいことに皆様からのお問合せを多くいただいております。7月下旬に開催されるメンテナンスレジリエンス大阪にも出展させていただくので、お客様に弊社製品をご紹介し、少しでもお客様の騒音での悩みを解決させていただきますので、残り半分もよろしくお願い致します!

    今回は機械のベルトから発生する、騒音対策向け防音BOXついてご紹介いたします。

    様々なオプションにより作業性を損なわない騒音対策を実現

    お問合せいただいた企業様は機械の騒音が近隣の方に迷惑になるため防音対策を行いたいと、お客様からご要望がございました。

    実際の機械を見てみると機械のベルト部分から大きな音が出ておりました。騒音測定をしてみると機械の音が低い事から、低周波用パネルの「一人静タイプL」を選定し、床無しの5面体のBOX仕様になりました。

    お客様にヒアリングをしていくと、メンテナンスを頻繁にされる箇所があるとのことだったので、その部分は吸音パネルを加工し簡単に開閉ができるように、片開ドアにしました。

    反対側には機械から取り外しができないパイプが繋がっていましたので、その点も配慮し、二枚のパネルに切り欠きを入れ、パイプを切り欠いた部分で挟み込んで取り付けております。

    天井パネルは最後にスライドしてはめ込む作りにしました。天板部分にはY字型の角枠材を使用していますが、これを天板の4つの辺に取り付けて最後に取り付けようとすると、「一人静タイプL」だと少し重い為、組立解体が大変になります。

    そのため、正面の部分の角枠材をF字型に加工をし、天板を入れてから簡単に角枠材を差し込めるようにしました。 このようにする事によって、無理なく設置をする事ができます。

    対策後は低周波騒音を約10㏈低減!

    設置後は騒音値が約10㏈低減し、体感でも半減したように聞こえます。お客様にも低い周波数がはっきりわかるほど低減して満足いただけました。

    弊社の吸音パネルは様々な種類があり、高周波や低周波によって使い分ける事もできます。概算御見積後の現場調査では、お客様の実際の作業方法を確認し、機械を囲っても作業性を落とさないような仕様を検討していきます。

    今回ご紹介した方法以外にも、加工方法も多数あるため、多くのお客様のご要望にお応えできますので、工場、機械やその他騒音でお困りの方は、お気軽にお問合せくださいませ。