更新情報

New & Blog

機械音防音対策~吸音材と制振材で改善

昨日新潟のメーカー様に訪問いたしました。

周波数を分析し適切な箇所に適切な防音材を設置

内容としては、社内にある展示用の自社機械の音を軽減したいそうで、先週の弊社展示会にもわざわざお越しいただきました。新潟からのご相談ですので、急を要すると判断し伺って環境と状況を拝見させていただきました。

工場内に機会が一台のみ配置してあるため非常に反響しやすい環境にありました。しかし、拝見したところほぼ70%の対策は行われておりましたので、あとは周波数を分析し適切な箇所に適切な防音材を設置することでさらなる軽減ができることがわかりました。

コストパフォーマンスの良い商品をご提案

この会社様は機械の静音化に非常に気を使っており、既に給排気部分に吸音材を設置されておりました。しかし、材料の吸音性能の限界がありましたので、同じ厚さでコストパフォーマンスの良い商品を紹介させていただきました。周波数を分析することで、その機械がどの音域を出しているかが判断でき、それに見合った吸音材により防音効果をさらに上げることができます。

工場内の反響音と機械の振動を防ぐことでさらなる改善が可能

工場内はコンクリート、鉄骨造りなので遮音性能(音を外に漏らさない性能)はほぼ問題ありませんので、室内の反響を防ぐ吸音材と機械の振動を防ぐ制振材でさらなる改善が可能です。

工場内の音に関わらず、機械そのものの静音化もこの方法によって可能です。「一人静シリーズ」は各周波数に対応した商品をそろえておりますので、機械静音化にお悩みの方はぜひご相談くださいませ。