更新情報

New & Blog

どなたでもできるお家で簡単ダイエット

2018-08-29 ブログ

こんにちわ ソリューション事業部②号です。最近は脂っこいものやカロリーが多いもの極力摂取しないように、心がけておりますが、誘惑には勝てずバリバリ食べてしまっているのが現状です。私自身、上司など会社の方に言われるまで、太ったと認識しておりませんでしたが、言われてから確かに太ったかもと思っていました。しかしここ最近、ぶくぶくお腹に集中して脂肪が集まってきており、自分自信さすがにやばいと感じて、ご飯を食べる時は、あまり食べないようにしてはおりますが、全く痩せる気配がなく、むしろ太ってきていると感じております。

そこで今回お家で出来るダイエットをお伝えしたいと思います。

 

いつでも自宅でできるフロントブリッジダイエット

  腹筋、背筋など体幹全体を鍛えることができるそうです。

  1. うつ伏せになって、肩の付け根の真下に両肘を付けます。
  2. ゆっくりと体を持ち上げ、頭・背中・お尻の高さが一直線になるようキープ。
  3. 最初は10秒から、慣れてきたら30秒~1分キープ

<注意点>

背中やお尻の位置が下がりすぎたり上がりすぎたりしないように注意。最後にひざをあげるように体勢整えるときれいな形になります。

 

定番のスクワット運動

全身の筋肉の80%を使ってくれる運動がスクワットだそうです。またスクワット15回=腹筋500回分に相当するとも言われております。

  1. 足は肩幅程度に開くようにして、手は頭の後ろで組みます。
  2. ゆっくりと腰を落として太ももが床と水平の状態まで落とすようにしてください。
  3. 15回を3セット      

<注意点>
 膝が前に出過ぎたり、前傾姿勢になったりしないように胸をはりましょう。

 

腹筋を鍛えるクランチ運動

  1. 仰向けで脚を上げて膝は90度、手は頭の後ろで組む。
  2. 上体を丸め、へそを覗き込むように起こしていく。
  3. ゆっくりと元に戻す
  4. 10~20回×3セット

<注意点>
 腕に力を入れすぎると首をいためてしまったりすることがあるそうです。脚をあげるのは、効率よくかつ正しく腹筋に負荷をかけるためです。誤ったやり方で行ってしまうと腰を痛める可能性もあるので、脚をおろすのではなく、回数を調整してください。

 

運動方法を調べてみて

調べてみると色々ダイエット方法があり、自分好みの好きな方法を見つけるのもいいかと思います。今回記載したダイエット方法は自分が簡単にできそうなのを紹介いたしました。また、器具を使うことによりさらにダイエット効果が高まります。

今回はダイエットの記事ですが、弊社は防音対策など行っておりますので、ぜひお問合せお待ちしております

コメント

お気軽にコメントをお寄せください。

コメントを残す