更新情報

New & Blog

低周波音の基礎と実習・体験を受講@東京大学

2015-12-01 ブログ

低周波音の基礎と実習を受講いたしました。普段、室外機やエコキュートの低周波音対策を行っていても、他の方がどのように対策をとっているのか、またそもそも原因は何かを学びたいと思いました。

私なりの結論としては、低周波は自然界にも存在し、あらゆる機械が稼働する限りは低周波の発生を抑えることは難しいと思います。電気代が安くなったり、国策としてエネルギーの代替えとなる可能性がある状況下では、製品の製造・出荷の流れを止めるのは難しいと感じました。その現状下で、いかに事前の対策、低周波被害になる可能性の認知、なった場合の対策方法の周知は徹底して行っていかないといけないと思います。

27年度には環境省による風力発電の低周波報告が行われる予定です。また、エコキュートによる低周波被害には消費者庁の提言によって各メーカー、団体に対策を進めています。

参考 : 一般社団法人 日本冷凍空調工業会 「家庭用ヒートポンプ給湯器の据付ガイドブックについて」

ちょうどこのブログの前にエネファームでも低周波の問題が出てきたようです。エコキュートは電気による稼働、エネファームはガスによる稼働なので、今後の生活環境との共生を考える必要があります。

毎日新聞 11月27日 消費者事故調:給湯2種調査へ 熱電併給システム

もちろん、音には低・中・高周波があり、どれらもずーっと騒音を聞いていると影響を受けます。現在、環境省でも問題になっているのが低周波の被害といわれているのは本当に低周波なのか?という地道な研究・データー採取になります。低周波の被害が増えだしたのは平成11年からで、まだまだ新しい研究分野になります。弊社としては騒音対策を行う上でも、しっかりとしたデーターや研究成果の発表も待ちたいと思います。

次回は講習会で学んだ低周波の対策内容を紹介したいと思います。