Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    個人宅用防音室を製作~テレビ番組『しゃべくり007』にてご紹介

    皆さんこんにちは。製造部のHです。皆さん年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。私はだらだらしすぎてしまい、仕事モードに体を戻すのが非常に大変でした。今年も頑張ってまいりますので皆様よろしくお願いいたします。

    さて、本日ご紹介しますのは「個人宅用防音室」です。自宅での音の問題等お悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度お読みください。

    音楽用製品『Shizuka Stillnes Panell』用いた防音室

    今回は日本テレビ様よりお話をいただきました。収録の際に防音室を使いたいので用意してほしいといったご依頼でした。今回はお話をいただいてから急遽作製することになりましたので、以前InterBEE用に作製した防音室を改造し、対応いたしました。

    実際にこちらの防音室は収録に用いられ、昨年の12月27日に放映されました『しゃべくり007』にて取り上げていただきました。自宅で歌を歌えるように弊社の防音室をご紹介いただきました。効果には自信があったのですが、上白石萌音さんの声量には驚かされました。

    今回使用していただいた防音室には、弊社の音楽用製品である「Shizuka Stillnes Panell」を用いて作製いたしました。弊社の代表製品である一人静タイプAの効果をそのままに、吸音面を黒くすることで意匠性を高めた製品となっています。

    防音BOXの仕様について

    仕様も、一人静タイプAと同様にサンドイッチ構造となっており、アルミのメッシュ材とアルミ板で発泡樹脂をサンドイッチした仕様となっています。芯材としてハニカム構造のものを用いているため、薄型ながらも耐面荷重は約10tと高い強度を持っています。

    本来フレームも黒い樹脂材を用いるのですが、今回は部屋状にするため強度が必要となりますので、シルバーのアルミフレームを用いて作製いたしました。アルミにすることで、現場での追加工もスムーズに行うことができ、カメラ用のフレームも取り付けることができました。

    今回は私ともう一人で現場にお伺いし、2日に分けて設置と解体を行ってまいりました。作業としては、あらかじめ開けておいた穴にタッピングビスを打ち込みながた組み立てを行うといったものでした。作業時間は、組み立て解体ともに2時間ほどで完了いたしました。

    弊社の製品は様々な場面で活躍することができます。今回使用していただいた様な防音室も作製可能となっておりますので、ご自宅での騒音等でお悩みの方がいましたら是非一度弊社までお問い合わせください。