Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    自動車工場内のポンプの騒音対策~条件に合わせて『一人静タイプA』で防音カバーを製作

    みなさんこんにちは。製造部のHです。最近気温の寒暖差が激しいですね。風邪を引きやすくなっています。コロナもまた増えてきていますので、皆様どうぞお気を付け下さい。

    さて、本日ご紹介しますのは「ポンプ用防音カバー」です。ポンプの騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お読みください。

    現場の条件に全て対応

    今回ご相談して下さったのはとある自動車工場の方でした。工場内のポンプからの騒音が酷い為、工場内の環境改善の為に騒音対策に乗り出したそうです。ポンプを防音材で囲むにあたって、以下の条件がありました。

    • 障害物をよけた形で作る事
    • メンテナンス用に扉を付けること
    • 少人数で取付け・取り外しができること

    しかし、一般的な防音材のグラスウールですと加工が難しく扉や細かい切欠きを入れることが難しくなっています。また、剛性を出すために鋼板で挟む必要があり、重量も重くなるため設置には人数が必要です。そこで弊社の製品が活躍致します。弊社の製品であれば上記の条件に全て対応が可能です。代表製品の「一人静タイプA」は一番硬い素材がアルミとなっています。丸鋸で簡単に切れるほど加工性が良く、現場に合わせた形のボックスの作成が可能です。

    加工性が良い為、オプションで扉を作成する事も可能です。片開きの扉以外にも、観音開きのものや取り外せる仕様のものも過去に作製実績がございます。他にもオプションとしてのぞき込めるような小窓を付けたり、内部の空気を入れ替えるための吸排気ファンを取り付けられます。

    一人静タイプAは原寸の1000×2000mmサイズで約16kgと男性であれば一人で持てるような重さとなっています。比較的軽量なパネルですので、取付けの際も少人数で行うことが出来ます。組立もねじ切りしてあるインサートを組み込むことでドライバー1本で行えます。

    ご要望に応じて様々カスタマイズ

    最上部にある写真が今回実際に作製した防音カバーとなります。騒音源の周りに配管がある為、配管を避けてこういった形となりました。下部にはL字のアングルが付けれるようにしてあり、アンカーを用いることで地面と固定し、倒れないようにすることが出来ます。

    今回は2人で安全に持つために各面に取っ手を取り付けており、天面にはクレーンで持ち上げられるように、アイボルトを取り付ております。安全衛生に厳しい工場内でも基準を満たして設置することが可能です。

    弊社の製品はお客様の様々なご要望にお応えできます。騒音でお悩みでしたら是非一度弊社にお問い合わせ下さい。