Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    ポンプの騒音対策~屋外で使用可能な低周波音対応の防音カバーを製作

    みなさんこんにちは。製造部のHです。緊急事態宣言が1都3県で延期されましたね。今後もコロナに十分気を付けてお過ごしください。

    さて、本日ご紹介しますのは「ポンプ用防音カバー」です。ポンプの騒音でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度お読みください。

    『一人静タイプAプレミア』で低音に対応

    今回ご相談くださったのはとある商社の方でした。市営のポンプの騒音の対策をして欲しいとのご相談を受けられたそうです。しかし、ポンプの騒音対策には難点がございました。それは、ポンプからの音が低音である事です。防音材にはそれぞれ対応可能な周波数がございます。しかし、ほとんどの防音材は低い音の防音を苦手としています。

    低い音を苦手とする防音材でも対応できないということではありませんが、二重にして鉄鋼板と組み合わせるなど、厚さと重量を上げる必要性がございます。しかし、今回対策するポンプの周りにはあまりスペースがございませんでした。

    そこで弊社の製品が活躍致します。弊社の製品に「一人静タイプAプレミア」というものがございます。こちらの製品は、弊社代表製品である一人静タイプAに石膏ボードを入れることで重量を増した仕様となっております。

    重量は1m×2mで約30kg、厚さは約38mmとなっております。端面補強枠を付けても約41mmですので、狭い隙間でも入れることが可能となります。石膏ボードをいれて遮音性を上げていますので、低音にも対応可能です。周波数帯にもよりますが、平均で約10dB程下げることが出来ます。

    防腐効果のある防音材で屋外でも対応可能

    ポンプの騒音対策にはもう一つ難点がございます。それは屋外で使用するという事です。一般的な防音材は雨に曝されますと、内部に水が浸透してしまい防音効果が落ちてしまいます。さらに劣化が早くなるというリスクも発生します。

    弊社の製品は表面に特殊処理を行ったアルミを使用しておりますので、雨に曝されても内部に浸透しないだけではなく、防腐効果もございますので錆びずに長期間ご使用頂けます。弊社で製品を屋外に曝し続ける暴露試験を行っているのですが、5年間腐食する事なく、防音効果もそのままの状態を保っております。

    最上部にあるのが実際に作成した防音カバーの写真です。配管を避けるために円状の切り欠きを入れております。弊社の製品は様々なシチュエーションで活躍致します。騒音のお悩みがございましたら、是非一度弊社にお問い合わせください。