Loading...

株式会社静科

ARTICLE

記事詳細

    エコキュート用防音壁~雨に強い防音材を短工期で設置

    みなさんこんにちは。製造部のHです。最近健康のために自転車通勤を始めました。以前はきつくなかったはずの道がきつく感じてしまい運動不足を痛感しています。ステイホームで難しいかもしれませんが、皆様も適度な運動を心がけてください。

    さて、本日ご紹介致しますのは「エコキュート用防音壁」です。エコキュートの騒音でお悩みの方がいましたら是非一度お読みください。

    雨に強いパネルを屋外に設置

    今回ご相談くださったのは個人のお客様でした。エコキュートからの騒音で近隣の方から苦情があり、トラブル解消のために弊社にご相談くださいました。しかし、エコキュートの防音をする際に難点がございます。

    それは「屋外で使用する」ということです。良く使用される防音材でグラスウールと言うものがございます。こちらの防音材は水に弱く、雨に晒されるとすぐに劣化してしまいます。

    そこで弊社の製品がお役に立ちます。弊社の代表製品である「一人静タイプA」はアルミと発泡樹脂の複合材となっています。表面に使われているアルミ材は特殊コーティングされており、雨風に晒されても風化しづらい仕様となっております。

    弊社で防音パネルを屋外に晒し続ける「暴露試験」というものを行っているのですが、5年ほど経過しても表面に錆は見られません。また、防音効果も落ちずにいます。

    軽量のパネルで短期での施工

    今回騒音対策をおこなった現場は住宅街の中でした。住宅街の中で騒音対策をする際に気になるのが「工期」です。工事をするとある程度音が出てしまうので、数日にも及ぶと更に近隣の方に迷惑がかかってしまいます。

    しかし、グラスウールを使った騒音対策ですと鉄板で挟み込んで使用することがほとんどですので、重機等を用いた施工が必要となってきます。そうしますと工事も時間がかかってしまいます。

    弊社の一人静タイプAは1000mm×2000mmでおよそ16kgという重量となっています。男性であれば一人で持てる重さですので、重機を必要とせず、短い期間で工事が終わります。

    最上部にある写真が実際に施工した際の写真となります。作業内容は、鉄骨を地面にセメントで埋め、パネルを固定するといった内容でした。こちらの作業は1日で全て終了致しました。

    弊社の製品は様々なニーズに対応が可能です。今回ご紹介しました一人静タイプAの他にも、低周波用のパネルや粉塵が出ないパネル等もございます。騒音でのお悩みがございましたら是非一度お問い合わせ下さい。