更新情報

記事詳細

ブログ 2017-04-22

壁美人で壁を傷つけずに調音・吸音パネルを設置

 こんにちは、ソリューション事業部です。今回は自宅で出来る吸音パネルの取り付け方法をご紹介いたします。

 弊社ではAmazonにてSHIZUKA Stillness Panelの脚付き、脚なしを販売しておりますが、脚ありは卓上や床にそのまま設置できますのでオーディオスピーカーの背面などに設置することでDTMやオーディオルームのフラッターエコー対策に有効です。しかし、ご環境によっては壁に設置してスペースを確保するケースもあると思います。賃貸の場合は壁にくぎを打つことも難しいので、できる限り傷をつけない方法が求められます。今までもも紹介しましたが、今回はさらに簡単に、通販やホームセンターで販売している「壁美人」を使用した方法をご紹介します。こちらを活用いただければ、自宅のオーディオルームの調音も可能です。

 壁美人は受け金具とホッチキス、ひっかけたい製品に取り付ける金具をそれぞれ個別に販売していますので、必要に応じて買い足せる点と、壁に固定するのがホッチキスになるので穴跡が見えにくいというメリットがあります。弊社のSSP 500mm×500mm 1枚の重さが2kg前後になりますので、受け金具は耐荷重3kg以上が望ましいです。製品に取り付ける金具はリベット、もしくは強力な接着テープが望ましいです。上記の受け金具、ホッチキス、針、製品に取り付ける金具をそろえても約3,000円程度ですので、施工することを考えると割安な部類だと思います。なお、壁美人のWEBにもあるように、取り付ける壁の背面に石膏ボードがある方が設置しやすいようです。設置前にはご確認をお願い致します。

 製品への金具の取り付けは弊社でも可能ですので、ご購入前にお申し付けくださいませ。

受け金具を壁に取り付け

製品に金具取り付け

 

関連記事

  • Facebook
  • 0
  • Google+

  • Warning: file_get_contents(https://apis.google.com/_/+1/fastbutton?url=https%3A%2F%2Fwww.hitori-shizuka.jp%2Farchives%2Fssp%2F8359): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/auc415/hitori-shizuka.jp/public_html/wp/wp-content/themes/pc/functions.php on line 234
    0
  • Twitter