更新情報

記事詳細

ブログ 2016-04-23

放送局やナレーション室に簡易吸音ブースを設置できます

SHIZUKA Stillness Panelは単体ですと吸音パネルとしての効果を発揮しますが、複数枚組み合わせると簡易無響室が製作可能です。無響室は本来であれば広い空間が必要です。音が跳ね返らないように楔形のウレタンやグラスウール厚さ200mm以上を使用し、床は機器の振動が響かない様に防振対策をとるため分厚いコンクリートが必要です。いままで簡易的なものはほとんどありませんでしたが、SSPはアルミ製の特殊な吸音パネルです。一般的な柔らかいスポンジ系・繊維系と異なり、自立が可能で強度があります。厚さも36mmと既存壁よりも薄く吸音対策ができ、複数枚合わせていただくことで、ナレーション収録の簡易ブースや、映像編集のブースとしての活用ができます。

最近ではTV局の建て替えや地元局のナレーション室新設で導入をいただいております。音響制作としてのSSPもぜひご活用くださいませ。

関連記事

  • Facebook
  • 0
  • Google+

  • Warning: file_get_contents(https://apis.google.com/_/+1/fastbutton?url=https%3A%2F%2Fwww.hitori-shizuka.jp%2Farchives%2Fssp%2F779): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/auc415/hitori-shizuka.jp/public_html/wp/wp-content/themes/pc/functions.php on line 234
    0
  • Twitter