更新情報

記事詳細

ブログ 2016-05-23

ピアノ、バイオリンに吸音パネルが有効な理由

SHIZUKA Stillness Panelは幅広い吸音効果が特徴的ですが、音楽を演奏する人、聞く人にとって非常に役に立ちます。楽器によって発生する音量、周波数は異なります。そのため、本来部屋の音場は聞きたい音楽によって検討をする必要があります。バイオリンであれば高音域が目立ちますので、高音域の処理を行うことで適切な残響時間や楽器本来の音を楽しむことができます。対して、ピアノのように低音域の発生がある場合に同じような処理を行うと高音と低音のバランスが悪くなります。高音域が響かず、低音域がそのままなので低音域の悪さが目立ってしまいます。そのバランスを整えるために広範囲での吸音が必要になるのです。

グラフのように各楽器の周波数とSSPの吸音範囲、吸音ウレタンの吸音範囲を比較してみるとわかりやすいと思います。ピアノに関しては低音の一部吸音できない部分がありますが、ほとんどの楽器をカバーすることができます。SSPを周囲に設置していただくことで演奏される方には本来の音の質を再現することができます。また、聞く側にとっては音響調整で不安定な部分が発生しなくなります。

無料の貸し出しも行っておりますので、ぜひご活用くださいませ。

関連記事

  • Facebook
  • 0
  • Google+

  • Warning: file_get_contents(https://apis.google.com/_/+1/fastbutton?url=https%3A%2F%2Fwww.hitori-shizuka.jp%2Farchives%2Fssp%2F7496): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/auc415/hitori-shizuka.jp/public_html/wp/wp-content/themes/pc/functions.php on line 234
    0
  • Twitter