更新情報

記事詳細

ブログ 2015-09-28

自然素材で吸音~大谷石の吸音効果

栃木県宇都宮市には大谷石(オオヤイシ)という石が産出されるそうです。主に、土倉や家の外壁などに使われておりますが、室内に使っても調湿効果や遠赤外線を放出することから生ハムなどの熟成にも効果が得られるようです。

 

しかし、大谷石はもろい、という弱点もありますが、反面内部が多孔質になっていることから吸音効果もあります。宇都宮市には、大谷石を使用した教会がありますが、見た目にも重厚で内部が涼しげです。さらに適度な吸音効果により教会内の神秘的な空間が体験できます。

 

自然素材による吸音効果は昔ながらの家にも使われております。例えば、畳は転倒時の安全性も確保しつつ藺草が複雑に組み合わさっていることで吸音効果を発揮します。逆に、土倉は内部が石や漆喰で施されていますので、反響しやすくなります。自然が作り出した空間を是非探してみてください。

大谷石の吸音効果の説明です

大谷石の吸音効果の説明です

大谷石でつくられた教会です

大谷石でつくられた教会です

関連記事

  • Facebook
  • 0
  • Google+

  • Warning: file_get_contents(https://apis.google.com/_/+1/fastbutton?url=https%3A%2F%2Fwww.hitori-shizuka.jp%2Farchives%2Fssp%2F560): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 404 Not Found in /home/auc415/hitori-shizuka.jp/public_html/wp/wp-content/themes/pc/functions.php on line 234
    0
  • Twitter