更新情報

New & Blog

エコキュートの騒音対策に低周波用防音パネル「一人静タイプL」を施工

こんにちわ、ソリューション事業部です。最近、室外機やエコキュートの防音対策のご相談が増えております。

エコキュートの騒音に関するご相談が増えています

室外機やエコキュート、エコウィルなどで多いのが、稼働時に発生する低周波が夜間の寝静まった時間帯や気になって眠れないというご相談です。低周波とは100Hz以下で発生する音になりますが、基本的に機械の場合は低周波とファン稼働時の中高音域の騒音が発生します。そのため低周波と症状は環境や状況によって一概には言えませんが、今後も対策が求められていくのは間違いないと思います。

他社施工による防音対策も効果なし

先週、エコキュートを設置したお客様より対策を依頼され、一人静 タイプLを設置させていただきました。エコキュートを設置した家の方よりも、隣家の方が眠れなくなったとのことです。元々は建築会社でウレタンやグラスウールを加工した壁?をエコキュート周囲に置きましたが全然効果がなかったとのことです。

弊社の貸し出し用防音パネルで実際の効果を検証

低周波は人によって聞こえやすい場合と聞こえにくい場合がありますのでまずはタイプLの貸し出しを行って効果を見ていただきました。その結果、ウレタンとの素材とは全く効果が違うということで施工が決まりました。施工自体は、エコキュート正面に30cm程度スペースをあけ基礎にH鋼を取り付けパネルをはめ込みます。

防音パネル単体の販売もしておりますが、低周波の測定も行っておりますので、防音工事を行いたい場合は以下の流れがおススメです。

関連ページ:国家資格者(振動・騒音測量士)による音響測定

防音工事の流れ

① ヒアリング
② 現地確認、低周波測定
③ 施工

対策の流れはお客様に合わせて対応させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。