更新情報

New & Blog

赤ちゃんの夜泣きに対応できる製品は?

2015-09-12 ブログ

赤ちゃんの泣き声に対応できる製品はありませんか?というご質問が増えてきていますので、回答させていただきます。赤ちゃんの泣き声は危険信号を伝えるため、特殊な周波数を発生させ人間の耳に聞こえるようになっています。いわば、人間の生活に必要な「音」になります。しかし、現在では様々な生活環境の方々がいますので、必要な範囲での対応も考えていかなければいけません。

 

対策としては、室内を吸音させ、音の反響を軽減させることで室内や隣室に聞こえる音を軽減できます。しかし、材料選びで注意が必要です。一般的な吸音材といえば、グラスウールや吸音ウレタンが有名ですが発塵性の問題があります。特にグラスウールの場合、ガラス繊維で構成されているので肌が敏感な方には影響が出る場合があります。吸音ウレタンも、耐久性の問題でちぎれたりする可能性があります。

 

静科では上記懸念点を想定し、より安心・安全な製品をご提案させていただいております。受注生産のためWEB上では掲載しておりませんが、ご相談いただいた赤ちゃんの夜泣きに対応したいお客様に販売したり、保育園に納品させていただいております。

お困りの方がございましたら、まずはご相談くださいませ。