更新情報

New & Blog

打楽器豆知識『ヴィブラフォンの秘密』~特徴や仕組みなど

2019-05-10 ブログ

みなさんこんにちは。製造部のHです。前回はシンバルについてお話しました。

今回はヴィブラフォンについてお話します。

 参考:打楽器豆知識『シンバルの秘密』~シンバルの特徴や種類など

ヴィブラフォンという楽器は聞きなじみがないかと思います。見たことのある人は音楽に力を入れてる学校に通っていた方か、吹奏楽経験者の方くらいではないでしょうか。それほどマイナーな楽器です。では、ヴィブラフォンとはどのような楽器なのでしょうか。大雑把に説明すると、「鉄琴の大きいやつ」です。ですが、ヴィブラフォンだけの特徴が大きく2つあります。

特徴その1「ペダルがある」

ヴィブラフォンの特徴の1つ目は、ペダルがついていることです。何のためのペダルかというと、音の伸び方を変えるためです。ペダルを踏むと音が伸びるようになります。逆にペダルから足を離すと、音は伸びなくなりすぐに止まるようになります。なぜペダルの上下だけで音の伸び方が変わるのでしょうか。

ヴィブラフォンの音板(叩く板)の下にはダンパーが入っています。実はこのダンパーとペダルがつながっており、ペダルの上下でダンパーが音板にくっついたり離れたりしているのです。

特徴その2「ファンがついている」

ヴィブラフォンの大きな特徴の2つ目は、ファンがついていることです。どこに付いてるのかというと、音板の真下です。音板それぞれに付属しています。他の鍵盤楽器同様、音板の下には共鳴管がついています。その共鳴管の先端にファンが取り付けてあるのです。なぜこのような場所にファンが取り付けてあるのでしょうか。

その答えは「音を振動させるため」です。ファンはすべて一本の軸でつながっており、その軸の先にはモーターがついています。これにより電源を入れるとモーターが回転し、軸でつながっているファンも回るという仕組みになっています。音板の下でファンが回転することで、音にヴィブラートがかかります。これがヴィブラフォンの名前の由来です。

演奏者は大忙し

このようにヴィブラフォンは、ほかの鍵盤楽器と比べると多彩なギミックが備わっています。しかし、裏を返せばその分演奏者のやることが増えるということです。叩くという基本動作に加え、足でペダルを動かす動作、曲によっては電源のON/OFFの切り替えなども入ってきます。演奏は難しい楽器ですが、演奏できれば非常にかっこいい音色をしています。

弊社の製品は高音と低音どちらにも対応できます。ヴィブラフォンは音域が広い楽器ですので、ヴィブラフォンを使用する際のスタジオの防音などにご使用ください。